風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2009/04 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

ロックの学園への道 16日後

「ロックの学園」プロデューサー、
NHKエンタープライズ田邊です。


ロックの学園への道・3日前から、
ピタリと更新ストップしてましたが、
皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?


志し半ばの更新STOPが、唯一の心残りでしたが、
宿直仲間のBlog王子・高橋優くんが
怒濤のようにBlogってくれたんで、
ま、いっか、ってことで…。
気づけば、祭りから16日経過。


090408_01.jpeg

弟を陰から見守る、姉・明子…のような教頭(写真:岡利恵子)


さて、「ロックの学園2009」ですが、
おかげさまで無事に開校しまして、
3日間で16,000人以上の生徒諸君が、
ロックを学び、全員の留年が決定いたしました。


ロックに卒業なし!
ご存知、箭内教頭の名校則ですが、
皆さん、ご留年おめでとうございます。
来年の登園を心からお待ちしております。


で、長目の春休みに突入した、
「ロックの学園」でありますが、
名門クラブ・放送部が暗躍しております。


まずは、放送部・テレビ部門が、
BS開局20周年番組「ロックの学園2009」、
ただいま、絶賛編集中です!


NHK BS-hi・三夜連続!
4/27(月)~29(水) 23:00~24:29


NHK BS-2・総集編!
5/2(土) 22:00~23:59


ギリギリのスケジュールのため、七転八倒しながらも、
たいへん濃ゆい感じで、編集作業が進められております。
かなり濃厚です。覚悟してご覧ください。


そして、放送部・ラジオ部門では、
放送部顧問、そして、放送部長による、
ロックな「ラジオ講座」を、4月4日深夜より、
JFN系列30局ネットで、毎週開講!


ネット放送局一覧:FM青森・FM岩手・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・FMぐんま・FM栃木・FM-NIIGATA・FM長野・FMとやま・FM石川・FM福井・FM 岐阜・ レディオキューブ(FM三重)・FM滋賀・KISS-FM KOBE・FM山陰・FM岡山・ HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM徳島・FM高知・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄


「ロックの学園 アーティスト登校編」
 毎週土曜 27:30~28:00
 放送部顧問:阿部ひろ


「ロックの学園」の新任教師・阿部ひろが、
放送部の顧問としてお届けする新番組!


毎週、ゲスト教諭として、
ロックミュージシャンを放送部室に迎え、
「ロックの校則」を考えながら、
「ロックの魂」の神髄に迫ります。


記念すべき第1回目では
「ロックの学園2009」で
3月22日に行われた、増子直純教諭による
「ロックの授業・倫理社会」の授業風景をオンエアし、
イベント全体の様子もご紹介しましたが、
第2回目には、ゲスト教諭として、増子直純教諭が初登校!

090408_02.jpeg

抜き打ちテストが行われた「ロックの授業・倫理社会」(写真:岡利恵子)

「ロックの学園 名曲講座編」
 毎週土曜 28:00〜29:00
 放送部長:HIRONAGA

最強のロック名曲講座が登場!
スパルタ指導員は、永遠の放送部長・HIRONAGA!


ロックの定番から、
赤ペンチェックの名曲までを徹底網羅!
毎週、テーマごとに、ROCKの名曲をChoice!
その作品にまつわる歴史や背景をレクチャー。
また、アーティストが選曲したロックナンバーを
コメントとともに紹介したり、
貴重なライブ音源やスタジオセッションなど、
ロックをたっぷり学ぶ、反骨のラジオ講座!



ということで、生徒諸君、長目の夏休み中でありますが、
テレビ&ラジオでの通信講座にて、
ロックの復習を忘れないように!
キーーポン、ロッキーーーーン!


tanabe

血液型と箭内さん。

はじめまして。
Numéro TOKYO(ヌメロ トウキョウ)編集部の伊藤と申します。


Numéro TOKYOはフランスの女性モード誌Numéroの日本版で、創刊から2年が経ちます。
本家本元Numéroは2009年2月号で100号を迎えました(写真右。かなり力の入ったピッカ
ピカのカバーです)。日本版は最新号が、26号(写真左)。まだまだこれから100号目指
してがんばります。

blog%20numero.jpg

さて、次号(4/27発売、6月号)にて血液型特集を組むにあたって、先日、箭内さんにイ
ンタビューさせていただきました。
なぜ、血液型特集に箭内道彦か!?
それは掲載号を見てのお楽しみ、にさせてください。
いろんな意味で目からウロコ、の楽しいインタビューになりました、とだけ。
それにしても、日々いったい何を考えているんですか、箭内さん。


また、同じ号の連載「アイデアボックス」(真っ白な箱に、自由にものを入れていただ
き、作品にする…。脳内イメージのようなもの?)でも箭内さんにご協力いただきました。
力強いような、ゆるいような……、とにかく“はみ出て”ます。


Numéro TOKYOは女性誌なのですが、男性の読者も多数というのが特徴でもあります。
ぜひ、たくさんの方に見ていただけると嬉しいです。
箭内さん、スタッフの皆様、お忙しいところありがとうございました。


ito

上から目線で花見!

はじめまして。ロックンロール食堂の村橋と申します。
この春、入社組です。よろしくお願いします!


さて、今日の箭内は、某社グラフィック広告の
タレントさん撮影のため、南青山のスタジオへ。


そこで、撮影のディレクションをする箭内・・・


みたいな写真は今回ございませんが(すいません)、
代わりに、ランチタイムにのぼったスタジオ屋上から撮影した
青山墓地の桜トンネルの写真をどうぞ。

SN390070.JPG


ここの桜が東京でいちばんきれい、と箭内も絶賛の場所。
「満開の桜を見下ろす」というのもとっても新鮮でした。


でも、ここから見える木が全部桜の木だったらと想像すると・・・


ギャーーーーーーーー
なんか桃色桃色しすぎて、ちょっとお腹いっぱいですね。
ということで、緑色の木たちも、ありがとう!


と、脇役にも眼差しを向けましたアピールをしつつ、
初めてのブログ終わります。


今後もよろしくお願いします!


murahashi