風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2009/10 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

『207万人の天才。風とロックFES 福島』開催まであと12日。

091006_tensai.jpg


しいて言うなら、笑うことと、曲を覚えるのが早い天才だと思っています。
ロックンロール食堂 永濱です。


“ぼくは ぼくは いったい
 なにの 天才 なんだろう”


10月18日開催の『207万人の天才。風とロックFES 福島』。


先日のサンボマスターと箭内の対談
福島民報の紙面特集には載っていない、「天才」についてのお話。
近藤さん、山口さん、木内さんはなにの天才なのか、他のメンバーにお答えいただいています。


箭内:木内くんから見て近藤くんって何の天才? ベース以外で。
木内:ものを斜めから見る天才。気づかないことに気づかされるんですよ。
近藤:自分で一個考えを持つと、絶対それを否定する意見を持つんですよ、自分の中で。
山口:だから「本当」に近い。
木内:ハッとすること言うんです。


箭内:山口くんは?
木内:「執着心の天才。」
山口:俺、執着する?そんなに。
近藤:夢中になる天才。音楽の例えば一人のアーティストにしてもそうだし、
   それを全部深く一個一個好きになれる天才っすね。
山口:でも俺、自分ではわかんないんですよね。よく人から「熱い」とかって言われるけど、
   俺自分のこと熱いって思ったことも無いっていうか。
   そういえば戦国武将のこと子どもの頃調べたことがあって、俺、
   伊達政宗とか他人の気がしなかった(笑)。
近藤:そういう感情移入。何か始めると、どんどん興味持っちゃう。
箭内:でもその、山口くんの「夢中」も、近藤くんの「斜め」も、
   自分では「普通」だと思ってることが人から見たら「天才」だって。そこだよね、ポイントは。


山口:木内は「楽しむ天才」。対象って楽しんだもん勝ちなんですよね、
   真剣に取り組むのがえらいと思ってるけど、実はそうじゃなくて
   真面目に取り組むって実は堅くなる。
   マグマが着火してれば絶対体は柔らかいほうがいいわけだから、思考とかさ。
近藤:あんまり縛られずに、そこにパッと行けるっていう。
山口:それって最強じゃないすか? 



みなさんは、何の天才ですか?
フェスまでに、ぜひ考えてきてください。


「みんな何かの天才なんだ。」箭内道彦


nagahama

日経WOMAN 11月号 明日発売です。

091006_nikkeiwoman.jpg

日経WOMAN編集部 久保田と申します。

「『平均点しか取れない』とネガティブに考えず、『私は平均点を取る
スペシャリストだ』と思えばいい」

働く女性のための月刊誌、日経WOMANの読者座談会にゲストとして
ご参加くださった箭内さん。
そのときおっしゃったこの一言が、とても強く印象に残りました。

箭内さんがご参加くださった座談会は、アナウンサーの草野満代さん、
20〜30代の働く女性2人とテーブルを囲み、女性たちの悩みにその場でアドバイスを
いただく日経WOMANの連載「お悩み解決★草野ゼミ」の取材。
テーマは「個性や強みを見つけて、自信を持ちたい!」でした。

「毎日同じ仕事ばかりで、キャリアと呼べるようなものがなく不安」
「転職を繰り返して、気付けば得意分野がなかった」…。
あまりに深いOLたちの悩みに、箭内さんも最初はやや緊張されたご様子(?)でしたが、
彼女たちの口からリアルな悩みがあふれ出していくにつれて、次第に箭内さんのアドバイスも
熱を帯びていき、座談会は盛り上がっていきました。

冒頭の言葉は、「君は平均点はとれるのに、突出したものがないね」と
上司から言われ、嘆くOLの一人に、箭内さんがかけた一言。
悩んだ会社員時代を経て、自分のやり方を導き出していかれた箭内さんだからこその
アドバイスに、OL2人も深く心に感じたものがあったようです。

緊張していた別のOLに「キューティクルがきれいですね」と話しかけて笑いを誘うなど、
箭内さんはピンポイントな褒め上手さんでもありました。
箭内さんが選ぶ言葉の美しさ、楽しさをたくさん書き留め、私のノートはメモでいっぱいです。

座談会の様子は、10月7日発売の日経WOMAN11月号「お悩み解決★草野ゼミ」に
掲載されています。
また、同じ座談会について草野満代さんが書かれたエッセイ
「Girls be Ambitious!」を、「日経ウーマンオンライン」で公開中。ぜひご覧ください。

箭内さん、ありがとうございました!


kubota

『スタジオパークからこんにちは』

091006_studiopark.jpg

風グループ高橋です。
NHK「スタジオパークからこんにちは」に、箭内が出演させていただきます!
10月8日(木) 13:05~ 生放送。
明後日です。もうすぐです!

今日、移動中に突如「あー緊張してきたー!」と箭内が呟いたほど、
生放送は、リアルタイムそのものですよね。

トップランナーとは逆の、どんな展開になるのか?
武内アナ、稲塚アナとの絡みはどんなことになっていくのか?
ぜひ「おそめランチ」などでテレビを観る時間を確保していただきつつ、
見届けていただければと思います。

トップランナーのプロデューサーさんもコチラで告知&番組の展開を予想してくださっています。


そして、スタジオ観覧に関してはコチラを!
質問・メッセージは事前に募集していますので
どんどん投稿くださいませ。


ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、オープニングで通る“花道”。 
(オープニングトークをしている場所から、スタジオ内へ移動する際 に通る道。
BGMと共に、カメラで追いかけた映像がオンエアされています。)
この花道観覧は抽選なしだそうですので、渋谷にお散歩ついでにぜひお越しくださいっ


takahashi