風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2010/07 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

『無名の頃』できました。

ピエブックス中川ちひろと申します。

箭内さんを取材させていただいた『無名の頃』刊行しました!

mumeinokoro001.jpg

9名のアートディレクター、クリエイティブディレクターの
無名時代に焦点を当てた本なのですが、
取材のあった日の夜は興奮状態がおさまらず、
寝つきの悪い日々を送っておりました。
もう、すべてのインタビューが面白すぎたんです。

ある世界で名の知れた方々の無名時代には、
活躍に繋がる大きなヒントが隠されています。
ご登場いただいたクリエイターには、よくここまで赤裸々に話してくれたと、
感謝の気持ちでいっぱいの一冊です。

有名になる前の仕事の話やクリエイターという仕事に就いた理由、
また世に出るきっかけとなった作品や学生の頃手がけた作品に加え、
無名時代を知っている人からの語りや対談も載っていて、
今まで見たり聞いたりしたことのなかった内容が詰まっています。

目次のご紹介です。

副田高行 「前進以外に道はない」
片岡朗 スタンダード通信社時代の副田高行を語る「ナイスキャラ・そえちゃん」
寄藤文平 「今の自分をつくったのは、いちばん“自分らしくない”自分」
田中偉一郎 博報堂アルバイト時代の寄藤文平を語る「怒濤の寄藤と田中時代」
仲條正義 「日の目を見るまで30年。貫き通した“我流デザイン”」
佐野研二郎 「いつだって超・努力型」
平林奈緒美 渋谷克彦と語る資生堂時代「やりたい仕事をやるための取捨選択」
鈴木一誌 「憧れと、離脱を望む思い。2つの間で確立された自己スタイル」
祖父江慎 「いつも“わくわく”していたい」
しりあがり寿 祖父江慎と語る“漫研”時代「原点は同人誌」
山口信博 「デザインから離れて見えた、デザインの意味」
箭内道彦 「コンプレックスを利用して生きていく」

ちなみに、箭内さんのトビラはこちら。

mumeinokoro002.jpg

金髪じゃない!!

博報堂に勤めていた頃のお話は、ほんとうに貴重です。
話を聞いて、原稿を読み返して、そのたびにパワーをもらっていました。

装丁をしてくださった文平銀座の寄藤文平さんと坂野さんも、
「箭内さんの文章、すごい面白かった…」と。

この感動が、皆様にも伝わってくれたら嬉しいです。
(予備校時代のすばらしいデッサンも必見です)

衝撃と感激のダブルパンチを受けた忘れがたいあのいちにち!
この場を借りて、ありがとうございました。

『無名の頃 アートディレクター&クリエイティブディレクターの知られざる無名時代 』
A5判/304ページ
ISBN:978-4-7562-4038-5 C3070
定価2,520円 (本体2,400円+税)


nakagawa