風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2022/11 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

COMMERCIAL PHOTO12月号

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-11-11%209.36.31.png



玄光社「COMMERCIAL PHOTO」
11月15日発売の12月号は
特集「タワーレコード『NO MUSIC, NO LIFE.』のクリエイティブ」。
  
 

タワーレコードの坂本幸隆さん、カメラマンの平間至さん、箭内の三人が
NMNLキャンペーンの25周年を迎えたいま、
これまでのシリーズをあらためて振り返るインタビューのほか、
歴代のポスターギャラリーや
最新作 Original Love(田島貴男さん)のメイキングなど
見応えたっぷり、45ページにわたる大特集です!
 
 
箭内の連載「雲と虹」のページもお見逃しなく。
今回は松重豊さんにご登場いただきました。
箭内の撮り下ろしカット&直筆コラムもぜひご覧ください。
  
 
COMMERCIAL PHOTO
12月号
11月15日発売
http://www.genkosha.co.jp/cp/
 
 
kuratani

高橋 優 8thアルバム「ReLOVE & RePEACE」リリース

本日リリースとなった、
高橋 優、2年ぶりとなる8thオリジナルアルバム
『ReLOVE & RePEACE』。
そのジャケットを制作しました。

優しくも力強い横顔の上に、
実際にステンシル技法を用いた「ReLOVE & RePEACE」のタイポグラフィー。 
そして『&』は優さん自身による手書きを入れています。

通常盤
JKT_%E8%A1%A81_0822-01%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

01. あいのうた
02. STAND BY ME!!!!
03. HIGH FIVE
04. 勿忘草
05. I LIVE YOU
06. forever girl
07. 沈黙の合図
08. 氷の世界
09. ever since
10. 雪の筆跡
11. ピーナッツ
12. Piece


限定版Aはカーキ。
限定版Bはイエロー。
限定版Cはブルー。
特典DVDから連想された色とともに、
数々の名曲、名シーンが収録されています。

%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4_%E6%A8%AA%E4%B8%80%E5%88%97.jpg

初回限定盤A/CD+DVD
(DVD)
10th Anniversary Special 2Days DAY1-黒橋優の日-

初回限定盤B/CD+DVD
(DVD)
10th Anniversary Special 2Days DAY2-白橋優の日-

初回限定盤C/CD+DVD
(DVD)
高橋 優 LIVE TOUR 2021-2022
「THIS IS MY PERSONALITY」(2021.11.9 中野サンプラザ)

aonisai

BRUTUS「WE LOVE RADIO, WE LOVE YUMING」

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-10-14%209.04.57.png


10月3日発売の雑誌『BRUTUS』は
「WE LOVE RADIO, WE LOVE YUMING」
今年デビュー50周年の松任谷由実 / ユーミン特集。

 
特集企画のひとつが、
「箭内道彦×小田島等 ユーミンのジャケットを語ろう。」という対談です。
イラストレーターでデザイナーの小田島等さんと箭内が対談。
アルバムジャケットなどのデザインの観点から、ユーミン愛を語っています。
 
この対談の様子は、なんとラジオでも放送予定!
雑誌の取材を、ラジオブースでやったような、
そしてそれをそのまま録音したような感じでお届けできる予定です。
 
 
雑誌BRUTUSは、10月3日発売、
ラジオでの放送は、10月22日(土)深夜3時、
JFN各局の「ラジオ風とロック」で。
 
 
kuratani

高橋優「秋田の行事(feat.柳葉敏郎, 藤あや子, 佐々木希 & 秋田県人会)」MV

高橋優さんの9月7日リリース配信シングル「秋田の行事(feat.柳葉敏郎, 藤あや子, 佐々木希 & 秋田県人会)」 MV。
秋田CARAVAN MUSIC FESテーマソングとなっています。

秋田民謡の踊りからきているリズムに乗ったチャーミングな振り付け。
そして秋田ならではの、竿燈まつり、秋田犬、かまくら、ゆきんこ、ナマハゲなどがアニメーションで登場し、秋田の魅力を賑やかに演出していきます。

ご出演頂いた高橋優さん、柳葉敏郎さん、藤あや子さん、佐々木希さん、そして秋田県人会の皆さんの団結力により、思わず一緒に踊り出したくなるような、楽しいMVが生まれました。



aonisai

JPR 企業広告「変わります。そして続けます。“つなぐ”という仕事」公開

JPR(日本パレットレンタル株式会社)の企業広告「変わります。そして続けます。“つなぐ”という仕事」のクリエイティブディレクターを箭内道彦が務めています。本日9月5日より公開です。

創業以来50年にわたり物流用パレットのシェアリングの仕組みを通じて、企業と企業をつなぐJPR。これまでの独自性を活かしながら、自ら変化に挑み、これからも企業をつなぎ続けようとする想いを伝えます。

『社会を繋ぎ、人を繋ぎ、企業と企業を繋ぐ。生活を繋ぎ、未来を繋ぎ、命を繋ぐ。物流における唯一無二の存在である JPRの意思と行動を正しく知ってもらうため、生の声で届けるクリエイティブ。この社会をより豊かにしようと動き、変わろうとする皆さんの真摯な思いを、全身で受け止めながら作りました。』箭内道彦

クリティブディレクター・コピーライター:箭内道彦
アートディレクター・デザイナー:小杉幸一
フォトグラファー:新津保建秀
スタイリスト:藤井享子
ヘアメイク:中野明海
映像ディレクター:髙田青二才
プロデューサー:平井真央

社員撮影
フォトグラファー:植田翔、岩瀬有奈、鈴木伸夫、越智達也、廣瀬祥悟
協力:RCKT/Rocket Company*

企画制作:風とロック、JPR 日本パレットレンタル


出演:日本パレットレンタル株式会社 代表取締役社長 加納尚美

142-0350_1_0822%E5%AE%9F_S.jpg

142-0350_2_0822%E5%AE%9F_S%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


https://www.jpr.co.jp/jpr_message/

hirai

キユーピーハーフTVCF「デリサラダ 秋」篇

箭内道彦が企画/演出をつとめる、キユーピーハーフのCMシリーズ。
新CM「デリサラダ 秋」篇のオンエアがスタートしています。
 
今回のCMでは、キユーピーハーフと野菜であえて作る「デリサラダ」を、
にんじん、まいたけ、さつまいもなど秋の食材で提案。
野菜のシャキシャキ感がたのしめるおすすめのサラダです。
 
出演は福山雅治さん。
広大な野菜畑をバックに、カジュアルな服を身にまとった福山さんは、
別空間で作られているデリサラダを覗き込んだり、陽の光を浴びたりしながら、
自然体の表情を見せてくださいました。
 
 

風とロック CARAVAN福島 8月27日(土)は矢吹町へ☆

福島県59市町村を巡る月一回の旅
風とロック CARAVAN福島

CARAVANfukushima_stamp_2208.jpg

今回は、2017年7月以来2度目となる矢吹町での開催です。
読売ジャイアンツで中心打者として活躍した後に横浜DeNAベイスターズ初代監督を就任、
2004年にはアテネオリンピック野球日本代表の監督を務め銅メダルに導いた、中畑 清さんの故郷でもあります。

ゲストアーティストはひとりぼっち秀吉BANDさん。

会場は、矢吹町文化センター。

福島県の南部に位置する矢吹町は、町の面積の半分以上を農地が占める田園の美しい町。
雪も少なく、比較的温暖で過ごしやすい気候です。

移住者のサポートもしており、若い方々が町を盛り上げています。
また、矢吹町に伝わる三城目獅子舞(さんじょうめししまい)は、一風変わった郷土芸能。
二匹の雄獅子が一匹の雌獅子を挟み、時に仲むつまじく、おおらかに美しく舞う姿はぜひ見ていただきたいです。


日時:2022年8月27日(土)12時30分開場 13時開演 15時30分終了予定
※13時~14時59分ラジオ福島で生放送 
会場:矢吹町文化センター(西白河郡矢吹町一本木100-11) 
出演:箭内道彦、ひとりぼっち秀吉BAND
主催:風とロック、福島民報社、ラジオ福島  
入場無料  


開催にあたり次の感染対策を実施いたします。

【感染対策】
・入場時にアルコール手指消毒を徹底し、検温にご協力いただいています。
・会場内は飲食を禁止し、マスクを着用いただきます。
・不特定多数の方が入場されないよう、事前の申込制を取っています。
イベント時の歓声はご遠慮いただきます。
・あらかじめ作成している入場者リストに体温を記入、健康状態を把握いたします。
体温が37.5℃を超える場合は、入場をお断りしています。
なお、事前にお寄せいただきました個人情報については、 1カ月間保管し、
その間に感染の報告などがなければ破棄いたします。

【会場について】
・会場の観客は収容上限の半数までといたします。
・観客席は前後左右を空けて着座いただき、十分な座席間隔の確保に努めます。
・観客席とステージの間にも十分なスペースを設け、トークセッション時には、
各ゲストの間にパーテーションを設置します。

以上のような対策を取り、福島県の定める感染拡大防止重点対策に沿って、
風とロックCARAVAN福島を開催させていただきます。


『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』(月額350円)で、  
全国どこからでも、ラジオ福島がお聴きいただけます。


fujie

福島をずっと見ているTV

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-07-22%2014.53.05.png

福島をずっと見ているTV、7月27日(水)に第99回が放送されます。
 
 
今回は、一時、全村民が避難を余儀なくされた川内村で、古民家を改装し、新たな交流拠点を作ろうと奮闘する、川内村出身の志賀風夏さんの活動を見つめます。
 
年齢も性別も関係なくみんなが集まれる場所を作りたいという志賀さんは
「在りし日の“村の良さ”を取り戻したい」と語ります。
真の復興とは何なのか、風夏さんの姿を通じて考えていく第99回放送です。
 
 
福島をずっと見ているTV vol.99
2022年7月27日(水)22時〜22時30分 NHK Eテレ
 
MC:箭内道彦、合原明子アナウンサー
ゲスト:横田龍儀さん(福島県川内村出身)
 
 
kuratani

SPECIAL IN YOU. 第19弾 折坂悠太編

箭内道彦がクリエイティブディレクターを務める、 
PARCOコーポレートキャンペーン「SPECIAL IN YOU.」 
第19弾は、2018年リリース『平成』のCDショップ大賞受賞、映画・ドラマ・TVCMでの楽曲使用、
執筆など、活躍の幅を広げ続ける折坂悠太さん。  
彼の手掛ける新たな表現として、2022年6月に初の展覧会 折坂悠太展「薮IN」が
PARCO MUSEUM TOKYOにて開催もされました。 
 
才能とは、
自らの取り組んでいることに
わかりやすいゴールがないことを、わかっていること。
折坂悠太は言う。
一代では完結しない、大きなサイクルの中で

「自意識が強いんですよ、結構。」
もう一人の自分が、自分の横にいて、常に自分に
突っ込みを入れている。
自信がなかった10 代の頃は、邪魔をしてきたその存在。
「今はなんか、その人とちょっと仲良くなれた感じがしてて」
愛しさと情けなさが入り交じるのだと笑う。

パルコは応援します。
終わりのない道を、一日一日、歩むあなたを。 


君も、特別。
SPECIAL IN YOU.
PARCO

SIY19_B1.jpg

SIY19_B3.jpg

 
本日7月8日より全国PARCO・「SPECIAL IN YOU.」特設サイトにて
スペシャルムービーも解禁となります。

fujie

新劇場「I'M A SHOW」、有楽町に12/1オープン。クリエイティブディレクターに箭内道彦が就任。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-07-06%2018.49.42.png

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-07-06%2018.50.16.png

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-07-06%2018.51.00.png

IMG_1280.jpg


明治期に“有楽座”“帝国劇場”がオープンして以来のアミューズメントシティである有楽町に、新劇場「I'M A SHOW」が12月1日にオープンします。その劇場のクリエイティブディレクターに、箭内が就任いたしました。この劇場名「I'M A SHOW」も箭内によるものです。

コロナ禍において不要不急とも言われたエンタテインメント。
僕はそうは思いません。
ほとんどの人には、泣くこと、笑うこと、歌うこと、それができる場所が、
どうしても必要です。

ショーも、人も、生きています。
有楽町にできる新しい劇場。
ずっと逢いたかった、ずっと逢えなかった、あなたに逢うために。

そんな思いを名に込めました。
どうぞフランクで永いお付き合いを。

I’M A SHOW
クリエイティブディレクター
箭内道彦


https://imashow.jp/

hirai