風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2015/03 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

箭内道彦の「フェスをたずねて」2010 〜ARABAKI ROCK FEST.10〜

ロックンロール食堂の稗田です。
今年もフェスの季節がやってきました。
5月1日・2日は、荒吐ロックフェスティバル。
箭内編集長とともに
月刊 風とロックの取材へ。


今年の荒吐は何より桜がすごかった。
箭内もライブより桜を撮ってるほうが
多いんじゃないかというぐらいの。
arabaki01.jpg
arabaki03.jpg


フェス取材に行くと
100%絶対会う、という人が数名いて、


1人目は、
arabaki02.jpg
箭内の弟の聡さん。と奥さま。
100%どころか、
フェスでのファーストコンタクトは間違いなくこの方。
そして毎回何か絶対食べている。今回はフライドポテト!


全く連絡取り合ってないのに会ってしまうという、
遺伝子GPSといいますか、肉親ってすごいなーと。


2人目は、
arabaki04.jpg
怒髪天の増子さん。
こんなにも広大なフェス会場でなぜ?
というぐらいどんぴしゃでお会いします。
今回はテレビ番組撮影中の増子さんと遭遇。


しかもこの時、
翌日にタワーレコードブースでいっしょに
トークイベントをする約束まで取りつけ、
こんなA4サイズの紙に手書きで告知。
arabaki05.jpg


当日は、twitterなどの効果もあるのか、こんなに人が!
arabaki06.jpg


月刊 風とロック、順次フェス取材予定。
くわしくはまたこちらで。
携帯つながればtwitterでもつぶやきますのでそちらも。
hieda

箭内道彦の「フェスをたずねて」~RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO 8/15-16~

stage0815__.jpg

opening0815__.jpg

ロックンロール食堂の稗田です。
昨日に続き本日も
ライジングサン会場にて


MUSIC ON! TV
「GGTV-George's Garage-」特番SPECIAL
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
9/19(土)24:00-24:53 放送


の番組収録です。
ライジングサンはその名の通り、
朝日が昇るまでロックを楽しむ
オールナイトフェス。
ということはつまり、
朝日こそが番組のハイライトと
なるわけなので
もちろん徹夜でロケです。


まずはフェス恒例となりました、
タワーレコードブースのお手伝い。
今回はジョージさんもいっしょ。
tower0815__.jpg
「タオルがなくなったらすぐ補充して‥」
「手渡す人が取りやすいように置いて‥」
とまるでバイト先の先輩みたいな
ベテラン箭内と新入りジョージさん。


ハンモックで休んでるだけのように見せかけて‥
hammock0815__.jpg
これも大事なロケという仕事。


干草の上で寝転んでるだけのように見せかけて‥
hosikusa0815__.jpg
これもまた仕事。


おそろいの指輪を買ってただはしゃいでるだけに見せかけて‥
kobusi0815__.jpg
これも仕事。でも指輪自腹。


そして昨日に続き、
バーベキュー目当てで
みんなでテントサイトに近づいていきます。
hunting0815__.jpg
徐々に包囲網を狭めていくこの感じ、
なんだかチーターの狩りっぽい。
肉食系、隣の晩ごはん。


アーティストインタビューなど
収録していたら、あっという間に夜。
sunset0815__.jpg


ここで、
幻想的な夜のライジングサンを
お楽しみください。
photo by iphone
road0815__.jpg
candle0815__.jpg
mirrorboll0815__.jpg
light0815__.jpg


そして花火もあがります。
hanabi0815__.jpg
爆発みたいになってますが。
iphoneカメラの限界です。

そして夜は更け、
なんだかんだありまして‥

そろそろ‥
before_rising0816_.jpg
来るぞ、来るぞ‥


来た!
rising_sun0816_.jpg
ライジングサン、バーーーーーーン!


sun_and_two0816_.jpg
2人の間から、ドカーーーーーーン!


すいません、過剰な擬音語で
ややうざめで、この感動を表現してみました。


かなり過酷なロケだったけれど、
奇跡が起こり続けた
とても幸福な3日間。
これ、全部ノーカットで
放送してほしいぐらい。
たぶんじゃなくて、
絶対いい番組になってるはず。


MUSIC ON! TV
「GGTV-George's Garage-」特番SPECIAL
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
9/19(土)24:00-24:53 放送


大の大人がドキドキしたり
キラキラしてるところが
そのまま映ってるといいなと思います。
ぜひご覧ください。
hieda

箭内道彦の「フェスをたずねて」~RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO 8/14-15~

ロックンロール食堂の稗田です。
去年に引き続き、
やって来ました二度目の北海道、
ライジングサンロックフェスティバル。


今回のライジングサンは、
以前ブログでも紹介しましたが、

MUSIC ON! TV
「GGTV-George's Garage-」特番SPECIAL
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
9/19(土)24:00-24:53 放送

の番組収録です。
朝から深夜までがっつりです。


箭内道彦×ジョージ・ウィリアムズ
ダブルMC、会場に到着。
two.jpg

entrance__.jpg
スタッフが着ているのは、
風とロックとGGTVの
オリジナルビブス。
異様に目立つので、
遠くからでも
すぐに発見できて
迷子にもなりません。


ビブスの前はこんな感じ。
front__.jpg
風とロックのドクロの頭の上に
GGTVのロゴが盛られております。
かなり力技のコラボマーク。
そしてもちろん「HKD」は
HOKKAIDOの略。


ビブスの後ろはこんな感じ。
mc2__.jpg
ちょっと見えにくいですが、文字の色は
箭内の今年のラッキーカラー、パープル。
そして右下にある「33」は
箭内の今年のラッキーナンバー。


みんな心の中では、
なぜスタッフ全員のビブスが
箭内のラッキーもので統一されているのか、
やや疑問に思うところも
あるかと思いますが、まぁいいかと。


あと、ビブスにはそれぞれの役職が
印刷されています。


どんな役職があるのか、
ちょっとリップスライムの
「4MC+1DJ=RS5!」みたいな感じで
紹介しますと


2MC!
mc.jpg


3PRODUCER!(多っ!)
pro.jpg


2DIRECTOR!
dir.jpg


1CAMERAMAN!
cam__.jpg


1LIGHTMAN!
lig__.jpg


1SECURITY!(僕の役職。セキュリティ?)
sec__.jpg


1ONSEIMAN!
ons__.jpg
音声マンって‥。
ひとりだけ日本語ベース。
その表記を見た
音声さんの顔が少しだけ曇るのを
僕は見逃しませんでした。
でもONSEISANよりは
いいかも。


以上11名のスタッフで
ライジングサンを取材して回ります。
shuzai1__.jpg
フードコートでインタビューしたり‥


shuzai2__.jpg
実際食べてみたり‥


rensha_nikkori__.jpg
さらに食べてみたり‥
(なぜか連写)


tent__.jpg
テントに、隣の晩ごはん的に突撃してみたり‥


などとやってたら、
偶然、箭内の弟、聡さんと綺麗な奥様と遭遇。
brother__.jpg
やっぱりどことなく
雰囲気似てますね。


でも、兄弟ってなんかあるんでしょうね、
あんなに会場広いのに
偶然出会うとは。


night__.jpg

night2__.jpg
そんな感じで深夜まで収録は続きます。
なかなかタフな収録だけど、
とても楽しくてわくわくするのは
たぶんジョージさんの人柄と
GGTVスタッフの団結力のおかげ。
収録は明日へ続きます。
hieda


箭内道彦の「フェスをたずねて」~FUJI ROCK FESTIVAL '09 7/25~

ロックンロール食堂の稗田です。
フジロック2日目は
晴れときどき曇り、のち雨。


朝から企画しつつ、撮影しつつ、
ラジオ取材しつつ、という
てんてこ舞いの箭内編集長と僕。
もはや、仕事フェスですね。


ちなみに「てんてこ」とは
祭囃子に使われる小太鼓のことで、
それに合わせて忙しく踊ることから
てんてこ舞いと言われるようになったらしい。
ある意味、フェスっぽい言葉。


2__.jpg

今日も清志郎さんの「一旗うさぎ」に一礼。


3__.jpg

昨日はガンジス川の沐浴っぽかったのに
今日はぼくのなつやすみっぽくなってますね。


4__.jpg

箭内編集長の手元アップ。
いろんなリストバンドにまじって
風とロックの鋲付きリストバンドが!
この鋲、金属ではなくて実はゴム。
やさしいパンク。


5__.jpg

WHITE STAGEからGREEN STAGEへ抜ける
サイドウォークを発見。
初めて通る道。
フジロック史上最高に気持ちいい。 


なんだかタヒチみたいだなーということで
雑誌「Pen」風にiphone駆使して撮ってみました。

6__.jpg

箭内道彦と歩く、地上の楽園ナエバ。


7__.jpg

これまた別のフィルターで。


8__.jpg

iphoneおそるべしですね。
意外といいトーン。


9__.jpg

すいませんiphoneカメラの実験みたいに
なってますね。このアプリ使うと
毎回トーンが違うので面白いです。


19__.jpg

森山大道風。


20__.jpg

本城直季風。


22__.jpg

ラシャペル風。
でもないですかね。
っていうかこのシリーズ終了。

23__.jpg

タワーレコードのブース横に
清志郎さんのポスター発見。


25__.jpg

さらに清志郎さんのマントも。


24__.jpg

昨日に引き続き、
こんなところにもネフィリム見っけ。


で、ドラゴンドラ乗り口へ移動。
ゲストにスネオヘアーさんを迎え、
ラジオ風とロック収録。

26__.jpg

パーソナリティ自ら録音機持ってインタビュー。
しかも地べた。


28__.jpg

今から乗り込む
ドラゴンドラの番号が「33」。
「俺の今年のラッキーナンバーなんだよぉ!」
とついつい叫んでしまう箭内パーソナリティ。


かなりのデシベルっぷりで
録音機の針が振り切れてます。


27__.jpg

ドラゴンドラの中でもずっと収録。
場所が場所だけに話も盛り上がります。


30__.jpg

見晴台の上でもやっぱり収録。


31__.jpg

絶景とスネオさん。


32__.jpg

帰りのドラゴンドラの番号は「15」。
「来たー!帰りはイチゴだぁ!」
とまたもや叫ぶ箭内パーソナリティ。

そんなこんなで
これからまたホテルへ戻って企画です。
そういえば、
そうめん食べたい、そうめん食べたい、と
今日は一日中箭内が申しておりました。
hieda


箭内道彦の「フェスをたずねて」~FUJI ROCK FESTIVAL '09 7/24~

ロックンロール食堂の稗田です。
今年もやって来ましたフジロック!初日!
箭内編集長がアーティストを写ルンですで
激写しまくる「風とロック」取材。
今年で5回目。


しかしながら週明けにいくつかプレゼンが
控えているので、取材以外の時間は
基本ホテルにこもって企画してます。
ほぼ企画合宿です!


0724_1_.jpg

今年のフジロックはあいにくの雨になりました!
もしかしたら3日間雨かも。
最近買ったiphoneで撮りました。いいですねーiphone。


0724_2_.jpg

やっぱいいわiphone。
アプリを使うとこんなビンテージな写真にも!


0724_4_.jpg

入口では清志郎さんの巨大な「一旗うさぎ」が
歓迎してくれます。
ロックの神様、
ホテルで企画ばっかりしてすいません!


0724_5_.jpg

奥の柵前にいるのが箭内編集長。
ものすごく長い望遠レンズを使っている
プロのカメラマンに混じって、
写ルンですでぎりぎりまで攻めてます。
ある種、パンク。


0724_12_.jpg

スネオヘアーさんとお会いしました!
ラジオ風とロックの取材、
のちほどよろしくお願いします。


0724_6_.jpg

ヅカさん(左)とお会いしました!
といっても、分かりませんよね。
ヅカさんはスネオさんの高校の同級生で、
さらにちなみに右の方はヅカさんの会社の後輩。


0724_8_2.jpg

苗場なのに原宿!


0724_9_.jpg

こんなところにネフィリム発見!


0724_10_.jpg

ガンジス川の沐浴じゃないです。
雨の影響で川が増水してます。
結構危険!

こんな感じでまたフジロックレポートします!
hieda


箭内道彦の「フェスをたずねて」①~ARABAKI ROCK FES.09~

ロックンロール食堂の稗田です。
毎年、仕事と仕事の合間を縫って
さまざまなロックフェスを訪れては、
お気に入りのアーティストを取材する
月刊 風とロック、
箭内編集長(兼カメラマン)。


今年もフェス取材第一弾として、
4月25日・26日の2日間、
宮城県柴田郡川崎町で開催された
ARABAKI ROCK FESTにお邪魔しました。
漢字にすると、「荒吐」!
これ以上ロックな字面、見たことありますか?
僕はありません。


荒吐は初めてだったんですが、
フジロックなどに比べると会場がコンパクトなので
ステージ間移動がひじょーに楽。
ごはんもおいしいし。


ただ、2日間雨でして。
ま、天候はしかたのないことなんですが、
箭内と僕の雨具が、
水をうっすら透すタイプで。(そんなタイプあるのか?)
じんわり、ゆっくり濡れていき、体温を奪っていくという。


20090426-01.jpg
その、通水性(?)バツグンのポンチョを着て
釜房湖と対峙する、まだポンチョが大丈夫な頃の箭内編集長。


20090426-02.jpg
タワーレコードのブースがあるフェスでは
必ずタオル出しの手伝いをする箭内編集長。
NO “NO MUSIC, NO LIFE.”, NO LIFE.
新入社員はこの写真を携帯の待受画面にするように!
(↑すみません、これ弊社社内向け。)


20090426-03.jpg
タオルを渡す方が取りやすいように、
適度な高さを保ちつつバランスよくタオルを置くのは
かなり細やかな配慮が必要になります。
少しでも、雑に置いてしまったりすると、
箭内編集長に本気で怒られます。(←弊社社員注意!)


20090426-04.jpg
楽屋エリアにて。
風とロックのサイトを頻繁にチェックしているという
池田貴史さん
中富雄也さん(風味堂)と。
昔のブログ見てたら、全く同じポーズの池田さんを
発見しました。(ここ参照)


20090426-05.jpg
アラバキといえば、イワナ!
魚にしろ、肉にしろ、丸焼きって子どもの頃、夢でしたね。


20090426-06.jpg
イワナをロックな感じで撮ってみました。
イギーポップの曲にも、アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグってありますしね。
おっさんか?
これ書いたらだめだろ、っていう自分の基準が
だんだんゆるくなってきてる気がします。やばいです。
イワナのところに傍線ひいてるとこが、もうだめでしょ。


20090426-07.jpg
なんてことをやって、取材も完了。やばい体が冷えてきた。限界です。


20090426-08.jpg
帰り道に、愛機「写ルンです」でこちらを激写する
箭内編集長。そして一言。
「やべ、フィルム無駄にした!」
じゃあ、撮らなくていいですから。


こんな感じで、月刊 風とロックは今後も
(スケジュールが合えば)全国のロックフェスを取材してまわります。
それではまた!
hieda