風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2015/03 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

長澤まさみ×箭内道彦トークショーご招待します!!!!!!!!!

wowow.jpg
こんちゃー。軽めで。
週刊のスタッフブログにはお久しぶりですけど山本と申します。


80.LoveでおなじみTOKYO FMのラジオ風とロック、いよいよ2年目に入りました。
たまにはお聞きください、ワチャワチャやってますんで。


そんなことで、ラジオブログのほうでも募集してますが、
こっちにも足を伸ばしてお知らせです。


↓以下ラジオブログのコピペ。エヘヘ。↓


何度かオンエアでも言いましたが、
WOWOWでオンエアされる6本のオムニバスドラマ
「藤子・F・不二雄のパラレル・スペース」
これの第1話(10/31(金) 深夜24時スタート)の監督を、箭内さんが担当しておりまして、
主演は、箭内さんにダメだしをしまくることでおなじみの、長澤まさみちゃんでございますが…


このドラマを記念して、まさみちゃんと箭内さんの、 


〜S(すこし)、F(ふしぎ)トークイベント〜


来週月曜、10月6日に開催!!! 都内某所!!!!
なぜ某所なのか!!! 招待制だから!!!!!


でもってWOWOWさんから、『ラジオ風とロックに10組20名分の枠を用意してもよいぞえ』
とのありがたい御言葉を頂きまして、募集します!!!!


超近いぞ!!!! 箭内さんはともかく、長澤まさみちゃんに超近いぞコレたぶん!!!!


さあおいでなさい!!!!ギリギリまでお待ちします!!!!!
日曜日のお昼12時まで待つ!!!!


ステキすぎるこのトークショー、予習が必要です!
ってことで、応募するみなさんは、メールに以下の質問へのご回答を書いてください!


※記入いただいたエピソードがイベント中に採用されることがあるよ!!


(1)藤子・F・不二雄の「異色短編集」には「SF=すこし、ふしぎ」なお話が集まっています。
  あなたの身の回りに起こった「すこし、ふしぎ」なエピソードを教えて下さい。


(2)「値ぶみカメラ」に出てくるカメラは、「原材料費」や「市価」、「将来産み出す価値」、
   「主観的価値」といった、写真を撮るだけで被写体の色々な価値がわかってしまうカメラです。
   あなたが今、「値ぶみカメラ」を持っているとしたら、どんなものの価値を知りたいですか?


(3)藤子・F・不二雄の「異色短編集」には、自分の見た夢を写す「夢カメラ」や、写真に
   同時録音している音を再生する「同録スチール」等、未来のカメラがいくつも登場します。
   あなたが未来のカメラを作るとしたら、どのようなカメラがほしいですか?


さあこの3つ!!!
おいでなさい!!!!ギリギリまでお待ちします!!!!!
日曜日のお昼12時まで待つ!!!!


★ご本名、郵便番号、住所、連絡の取れるお電話番号と、
上記3つの質問へのご回答をお書きくださいませ。


↑ここまでコピペ。ウフフ↑


ってことで、ラジオブログからのご応募お待ちしておりますんでよろしくお願いします。

(山本佳宏)

やないじゃない

関西弁で言うとさー『やないやない』みたいになってさー受けるーチョー受けるー。関西弁チョー受けるー。
ある日箭内さんがアシュラマン冷血か笑いか分からないような顔をしてつぶやいた「このスタッフブログって、スタッフが書いてるのに俺が書いてると思って見てる人が結構いるんだよねー」山本佳宏と言いますけどもこんにちは。この際ロボットダンスしながらハッキリ言っておきますけど、このスタッフブログに箭内道彦が何かを書いたことはなく!!!!!!!!!今後も多分ない!!!!!!!!なぜならスタッフブログだから!!!!!!!!

たいていの人にとって1番のお客さんは自分でなぜかというと皆まで言わなくても分かってくれるから。そりゃ自分で作ったんだから何もかも分かってて当たり前なんだけども意外と自分を本気のお客さんに見立てちゃって「あ、この人分かってくれてるから大丈夫だ他のヤツも分かるはず」とか100表現すれば100伝わった気にいつもなっちゃうけど実際のところは全ヌ然ヌそんなことない。箭内さんがどんだけ芯を食った人生論を語っても一部の人にとっては「あの銀杏好きの金髪のオッサンが熱かった」または「やっぱロックだよねー」しか残ってないわけで100のうち10伝わればいいほうでその10を11にしたり12にするために僕らは血眼になってる。

ちょっと文章読めば箭内さんが書いてないって分かりそうなもんなのにねーみたいなのは実は単なるこっちの都合でみんながみんな「ロックンロール食堂の稗田です」とか署名の「hisada」とかをちゃんと見てくれてるわけじゃないということを踏まえた上でお久しぶりにお邪魔します山本と言いますお久しぶりですこっちのブログに何かを書くのは。なぜかと言うと同じサイト内に、ラジオ風とロックブログが立ち上がってそっちで汲々としておるからでございます。向こうは向こうで何かイイコト言ってまっせFLAVORで営業してますんでたまにはのぞけばいいと思うのサ。(←初期のヒムロックの語尾のカタカナ『サ』使いで)


YOU DON’T KNOW.

ラジオ風とロックを勝手にハイジャックした、箭内さん作のエンディングテーマ。JASRAC登録とかそういうキナクサイことは一切やってませんので本八幡ルート14とかで月2回とかLIVEやってるアマチュアバンドの方はラジオサイトに行って勝手にパクって歌っていただいて結構です。いい曲だねって言われた場合のみ「これ風とロックの箭内さんが俺のために作ってくれた」とか言って追っかけを引っ掛ける口実などにお使いくださいませ。うわーきっついなーそれ…やっぱJASRAC登録しようかしら。

youdontknow.jpg
知らないでしょ

わたしが

どれだけ

あなたを

好きかなんて


知らないだろ

ぼくが

どれほど自由に

なりたいかなんて


1人1人の『知ってほしい』の矢印が誰にもキャッチされることなく飛び交う世の中に、広告が『知ってほしい』と何千万人に向けてフワっとした矢印を飛ばす。
大好きな女の子にも分かってもらえなくて分かってほしくて24時間そのことでアタマがイッパイなのに、何で良く知りもしない新商品のことを分かってあげなくちゃいけないのか。そもそもアンタらは別に俺じゃなくてもイイわけだろ?電車で俺の隣に座ってるオッサンが俺の代わりにジャブジャブ買えば、それでいいんだろ?
俺の矢印は、あの子に受け取ってもらわなきゃ、意味がないんだ。

ラジオ風とロックは、広告の話をしています。どんな広告の話をしているのかというと、上記のような話です。
分かりづらいですか。分かりづらいですよね。みなさんに伝わるようにこれからも努力していきます。

これは箭内さんが考える広告とは、少し違うのかもしれない。でも僕は、YOU DON’T KNOW.は、広告の歌だと思う。
箭内さんのキモチが詰まった広告の歌だと思う。

首都圏以外の方はお聞きいただけません。TOKYO FM80.0MHz土曜深夜24:30。
ラジオをお聞きいただけないかたは、たまには思い出して、ラジオ風とロックのブログをごらんいただければと思います。

箭内道彦でした。


(山本佳宏)

YOU & I vs アート

080303y3.jpg
080303y1.jpg
080303y2.jpg
僕にはアートを解するセンスが除毛ホットワックスかけたてのデリケートゾーンよりも根っこから欠けている。と自分ではハゲるくらい思っていてつまりはアート周りの人たちに対してものすごい対抗意識という名のコンプレックスがある。お、お、おでのほうがすげーんだぞみたいな。自分の得意分野と相手の不得意分野を並列してほら俺のほうがすげーだろっていうのはよくやっちゃうパターンでそれは僕とホットワックスのどっちがベトベトしてないか対決の開催ぐらい意味がない。
なので僕はアートのことは1ミリも分からないセンス無し野郎であると喧伝してきて自分にも言い聞かせてきた。絵やら映像やらに出会っても、それが良いのか悪いのかの判断は絶対にしなかった、アートチームにバカにされるのがイヤだから。カッコ悪さのカッコ良さみたいなことを考えるのも無駄な気がしてやめた。
シャレてるとかセンスあるとか勘弁してほしい。しゃらくささの押し売りで僕を不快にさせないでほしい。もはや大好きなんだろお前っていうぐらいのレベルで大嫌い。大ツラい。

僕は『オモロイ/オモロクナイ』でしかアート群を見ることがなくなった。
絵とか見て爆笑するの好き。変な彫刻とか見てコントの設定考えたりするの好き。それは本当に僕のやりたいアートとの接し方か。ひねた視点は自己防衛の結果か。『センスがない』という謗りから自らを守ったか。アートの才能があることだけがなぜそんなにも全方位に偉いのか。


箭内さんと出会って、そのツラさが少しだけアウフヘーベンした気がする。意味分かって使ってんのか止揚のこと。

多分箭内さんが考えてることと僕が考えてることってやっぱり少しはズレてるし反対のことだってきっとある。それも含めてまあいいんじゃねーのと思えるようになったのは箭内さんに会ったからだと思う。これは告白ですよ箭内さん。


3/3 『クリエイティブディレクター箭内道彦の漂流』@クリエイションギャラリーG8 オープニングパーティ。

日焼けしたオジサマたちが集団でウェヘハハハーと笑い合う場所が苦手な僕は、そんなことを考えながらさっきまで箭内さんと鈴木さんが挨拶していた雛壇にコロボックルスタイルで座ってビールを独りで飲んでた。朝から何も食ってなくて酔っ払ってきてコソコソと会場を後にして仕事場にタクシーで向かって国会議事堂が見えてきて荷物全部会場に忘れた―――――ん!!!!!!!!!!!!
おめおめと引き返しました。おめおめと。おめおめおめと。おめおめとおめと。おめーと地球のあいだーにはうるせ―――――――――!!!!!!!!!!

また考えますアートと僕のこと。今日、僕は頭が中途半端に良いので理屈では答え出てるんだけど、感情がその答えに納得してない。
続きは月刊風とロック4月号にて。あーあ言っちゃったよ。いまから準備して間に合うかしら。

★伝言メモ
3/8 ラジオ風とロックは、『クリエイティブディレクター箭内道彦の漂流』の展示空間演出を担当した鈴木康広さんがゲスト。今日収録したんですけど、今回のアート的な話は、その影響もあるんですわ。

(山本佳宏)

ゴルフコンペのオッサン

080220yy.jpg
「デザインした人に申し訳ない」と申し訳ない顔をしてSCHOOL OF LOCK!やましげ校長はできたばかりの風とロックNEW ERA CAPをかぶって申し訳をした。申し訳をした訳は誰が言うともなく「ゴルフコンペのオッサンみたい…」という空気が充満したからで、それは箭内さんのせいではなくシャレた感じでかぶるスキームを持ち合わせていない『ミスターねずみ色』こと自分のせいだと。そういうことで。申し訳をしている小野ヤスシ。間違えた山崎樹範。今度はそれかぶってタモリ倶楽部出てくださいね。

僕は帽子をかぶることは基本的になくてなぜかというと似合わないからでなぜ似合わないのかというと顔が貧相だから髪を隠すと貧乏神みたいに見えるから。髪の毛でなんとか人間ヅラをして首都を歩くことができている。帽子嫌い。似合わないもん。

ラジオ風とロック収録のために半蔵門のTOKYO FMに現れた箭内さんは帽子をかぶっててほぼ24時間寝てなくて直前までイライラしてDV丸出しだったらしいけどスタジオに入ると何か元気盛り返してきたらしくてニコニコしながら酒を飲み始めた。徹夜をしている男のむくんだ顔が僕は大好きだ。仕事がノロくて自分のせいでしなくてもいい徹夜をしている人も世の中にはたくさんいるけど、ツルツルしてる人よりもパツンパツンにむくんだ人のほうが愛せる。女子のみなさんも男のむくみを愛してあげてください。

企画力より実現力!

それが今回の収録(2/23OA分)の骨子(ほねこ)で、自分の伝えたいメッセージを『伝えた』という結果を残すことがいかに大事なのかと。そういう話をしたんだけども。
ここから不快な人には腐海な文章がひとしきりありますんで、読み飛ばす人は読み飛ばしてください。


脳みそを粘土のようにグネグネグネグネこねくり回して図工するのが苦手な人が多いのかしら最近。僕は世代がどうこう年齢がどうこう言うのは大嫌いでオッサンでもガキでもダメな部分は世代を超えてダメだと思うんだけど脳みその持久力がある人が少ないのかしら。それとも考えるのが楽しくないのかしら。
僕もたまに資格も持ってないのに『先生』とか呼ばれて教師ヅラするコトがあるんだけども、みんなでそれぞれアイデア出して何でもいいからカタチにしてみよう!…っていうとウンザリ顔して途中で放り出す生徒が多くて、あんたらが楽しみたくて集まってきてんのに何で宿題出された小学生みたいになってんの?やりたいのは僕じゃなくてあんたらなハズでしょうが、と思う場面にエンカウンターする機会が頻繁にあり。やだなー経験則とか。でもそう思っちゃってる。やめますねそういうの。ごめんなさい。

この世に超能力は存在しません。
声は出さないと聞こえません。
叫ばないと届きません。
好きだって言わないと付き合ってもらえません。
高いカバンをあげるか聞いたことないぐらいデカイ声で叫ぶかとんでもない長時間の前戯をこなすかしないと好きは伝わりません。

☆伝言メモ
・『風とロックと広告キャンプ』とラジオ風とロックも、そろそろ完全連動していきますよ。
・ラジオ風とロックもそろそろ我慢できないんで、もっとリアルタイムで走れるようにバージョンアップしますよ。
・写真の人は風とロックって何かを理解してくれるほぼ唯一のラジオマン。TOKYO FM森田さん。ギャングスター・プランナーの精子。箭内さんは卵子。僕は前戯と後戯。


(山本佳宏)

店長五七五(七七)

20080209yy.jpg
客2人
グルッと囲む
5エプロン


っしゃいやせー
向かいの店は
居酒屋か


銀杏T
ばかり買わずに
ギャングスター


雨という
ウワサを聞いて
ビニル傘を
並べて急に
万引き不安


売り上げを
伸ばして彼に
褒められる
妄想広げて
自腹切る長(おさ)


☆伝言メモ
・モノを買ってくれた知り合いのみなさま、ありがとうございました。
・照井さん店長おつかれさまです。バイトのみなさんshigetaさん迷惑ばかりかけてごめんなさい。
・僕はmonobrightを全力で応援しています。お金は一銭ももらってません。
・箭内編集長に原稿遅すぎると怒られているので、月刊の連載小説『川ロック川』をしばらくお休みしてます。全国に3人ほどいるらしい川ロック川読者の皆様、すいません。
・ちなみに『川ロック川』は、僕が作った河童の顔文字です。これ豆知識な。



(山本佳宏)

豪くん

080202yy.jpg
僕が物心ついたときから丹波哲郎と若林豪はすでにオッサンで丹波さんは霊界に帰ってしまったけども若林豪は今も変わらず僕の心の中で渋いオッサンのイメージ像を構成していて一文字でカッコイイ名前と言えば『豪』だなといつも思っていてアゴが割れてるのってすげーなと思っていて自分のどーでもいい4文字の名前とどーでもいいアゴに若干萎えていた。
若林豪のスピリットを受け継ぐ憧れの国、豪ことオーストラリアから帰国してラジオ風とロックの収録に箭内さんがやってきて、「箭内さんどうでしたオーストラリア」
「別に何も。あ、お土産持ってくるの忘れた」
で豪トークは終わった。

スタジオ内には当たり前のように日本酒の一升瓶がボコンと置いてあって知らない人が見れば若林豪が来るのかと思うこと確実のハーコーな光景だけど実際にスタジオに入るのは金髪の40代と前の日の昼から何も食ってない徹夜明けの30代で当たり前のように僕は酒を注いで2人とも当たり前のように飲んでしゃべり始める。何も食ってないから酔っ払ってしょうがない。

風とモバイルlabが設立されましてそれは先日のhisadaさんのブログエントリーを見てもらえば分かりますけども。とか書いててふと思ったんだけどこのスタッフブログの寄ってたかって感は近年稀に見るカオスで素敵だと思いますけども照井さんがお書きになってたように長いですよね。それは僕ですよね。失せますよね。読む気。読む気なんか失せちまえよと思ってる僕以外の方は照井さんの言うこと受諾したほうが末吉だとか思うのとカオスをスタートさせるのは簡単だけど維持するのが難しいよねと思うのと。そんなことをふと思ったんだけど『ふと』の『ふ』って何ですか。表情は動かないけども心の中が軽く動く程度のことは『ふ』で表現できるぜってことですか。日本語すげー。

ケータイは便利なだけじゃなくて、もはや人を幸せにしなきゃいけない。人を不幸にするケータイはこの世からどんどん少なくなればいい。
かつて茂木淳一さんという非常に素敵なスーツの人と架空の携帯電話サティスファイカンパニー『モギフォン』とかいう会社を作って2人で遊んでた時期が数年前にあって、ぶっちぎりでカッコイイ番組だったんだけど外圧で倒産してしまった記憶が想起されました。さらにそれより5年ほど遡って、還暦のお祝い用に真っ赤なちゃんちゃんこ代わりのらくらくフォン的なのを作ったら面白いんじゃないですかとどっかの携帯のキャリアに頼んだらコスト面で無理とか言われて無理とかじゃなくて面白いか面白くないかで考えろよオッサンと思った駆け出しの頃の青臭い記憶も想起されました。そんなことで携帯ライフを充実させるという名目でアホみたいなことを毎日考えてた時期がございまして、その点におきましては他のギャングスター・プランナーのみなさんより貯金があるかと思いますので、なにくその精神で僕をぶっちぎるご提案お待ちしております。もはや自分がどうとかじゃなくて誰でもいいと思ってますんで。面白いのは。誰かがすげー面白けりゃ僕はそれで満足っす。なんで「っす」の小僧な感じで最後締めたのかは分かりません。

★おしらせ
・2/9(土)風とロック渋谷パルコ店の一日店長を不遜にもやらせていただきます16時から18時くらい。売り上げ重視で。
・2/9(土)TOKYO FMラジオ風とロックには、SPECIAL OTHERSがゲスト決定。まだ収録してません。
・次回のエントリーは超短くします。すいません。

(山本佳宏)

ライバル少佐

080124_01.jpg


ライバルって近年稀に見るカッコイイ語感のワードとして僕と僕のワイフの間では有名で語感的にカッコイイというか少佐っぽいというかヒーローっぽくもあり悪の親玉っぽくもありマッチョでもあり知的でもAlice!!!!!!大声でアリスを呼んでもアリスは僕の元に帰らず僕にはワイフもいなかった。
ライバルは自分自身とか良く言いますけど所詮は語感の気持ちよさだけで言ってるだけで本気で自分自身をライバル視したら内臓が裏返って全部外に飛び出すのでやめといたほうが良くて、どうせ自分自身をバーチャルに相手するなら酒飲み仲間にでもなったほうが全然マシ。泥酔した時はウッカリ本音が聞けるみたいな。それぐらいの距離感じゃないと付き合いきれないですよ自分なんかと。ライバル視したいなら断然他人です他人。イライラしましょうよ他人の活躍見て。じゃあさっそくいきますけどTVブロスイライラする―――――――――!!!!!!!!
何あれ。超いいじゃん。何あれ。超いいじゃん。表紙がインド人の最新号。ギャングスター・プランナーから届いた魂の叫びはピョン吉のごとく胸に憑依してTシャツとなって商品化されて売られてギャラも多少はギャングスターの元へ。ラジオ風とロックとTVブロスの箭内さん連載が魂のコラボで展開してきた『風とロックとTシャツSHOP』。TOKYO FMに届いたアイデアの中から渾身の3つを選び出しTVブロスはブロスで選び出し。協働パートナーでもありライバルでもあり。


何あれ。『元●●Tシャツ』って。超いいじゃん。もうホント悔しい。何でアレがラジオから発信できなかったのかを思うと昼食後にシエスタをとれないぐらい悔しい。超いいじゃん。分かんない人は買ってくださいTVブロス。絶対糞(フン)―って思うから。フンとかは思わねーよ。でも200円だし。ラジオの3枚も強力だけどTVブロスも強力。糞―と思って渋谷パルコ店で僕の銀杏LIVE行きを湿気たっぷりに妬み嫉んでいるはずのshigetaさんに電話した。お店でもラジオサイトでも投票という名の予約を受け付けていて全然人気がなければ世界同時株安が起こっている資本主義社会の中の一人負け組国家こと日本では当然販売もされなくてだからこそ投票という名の予約を受け付けている。電話した。


「予約ってどんな感じっすか」
「えっと1番と2番が1枚ずつですね」ぶるるるるるるぅぅぅぅぁぁぁぁああああああああ――――――――――――――!!!!!!!!!!!まずギャングスター・プランナーズ!!!!!!!!!!!お前らっつーか特にブラックリー!!!!!!!!!自分で自分の分1枚買うことすらしてないんじゃねーのか!!!!!!!!!アイデア出し逃げか!!!!!!!Tシャツを売れねーやつは企画だって売れねーぞ!!!!!!!!!!!!!!!企画力は実現力ってあの金髪の人も言ってるでしょーが!!!!!!!!!そんでもって道行くお客さんとネットサーファーの皆様!!!!!!!!!!!!!!!!3150円で意外に胸にビシッとくるメッセージを着ることができるのにまだ枯山水みたいな色のボーダーTシャツばかりを着るか―――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!


眉間が出血するほど怒ってしまいましたすみません。耳の中で妖精がうるさいものでつい。無作法をお許しください。妖精のせいです。
正直、僕にギャングスターたちのTシャツを売ってやる義理は何もないけど情がある。情っつーか愛情っつーか「いいじゃんコレ」と思う熱があるからこそ売れて欲しい。1人でも多くの人の胸にメッセージを輝かせて欲しい。そのために作りたいんじゃないんですかTシャツ。分かんないけど。そんな宣伝テキストでございました。

あ、僕1枚予約ゲットしましたんで。自分のヤツですけど(笑) ←この(笑)マジでむかつきますね。

(山本佳宏)



守護霊とTシャツと日本の中の私

080121y.jpg
妹が読んでいた有閑倶楽部をタンスとタンスの間の1センチのスキマに入って盗み読んでると妹が帰ってきて仕方なく霊のフリをしてみたら霊だと思われた経験があるかどうかは忘れましたけども有閑倶楽部を読んでいたあの頃。有名なババアの心霊の回で右肩には悪霊が憑いてて左肩には守護霊がいるらしくて右肩が重いとYO注意。刷り物になっているものは100%正しいと信じていた小学生の僕はautomaticallyに記憶して今日現在左半身が異常にダルイよ守護霊様―――――――――――!!!!!!!!!!守護してくれてる結果俺の体調が悪いのは等価交換なのか守護霊様――――――――――――――――――!!!!!!!!!

1/21 銀杏BOYZ『せんそうはんたいツアー』FINAL @ Zepp TOKYO。冬のオダイビエラ。寒いよ海風。胴と右ひざをグルグルに包帯で巻いた短パン一丁の峯田くんはマイクスタンドを2階へ槍投げし、チンくんは顔面から出血し、村井くんは上半身裸になったら照明の関係で山海塾みたいになり、アビちゃんはベースを振り回してスキップしながら白目を剥き、僕は”光”を聴いて泣いてしまった。音楽を聴いて泣くのとか大嫌いだっつってんのに。
2階で立ち見だったので左半身が異常をきたして立ってるのがツラくなって10分ほど途中抜けして誰もいない喫煙エリアでタバコを吸っていた。ドアの向こうからは峯田くんが♪ちひろちゃん、と歌っているのが聴こえてくる。ツアー初日の新木場にも観に行ったけどFINALの銀杏は重厚感つーか凄みが増していて僕の銀杏LIVE史上3位以内に仮ランクインした。そしてshigetaさんゴメンね僕行ったよ。風とロック×銀杏Tシャツいっぱいいたよゴメンね。

1/21 笑っていいとも。SCHOOL OF LOCK!やましげ校長が俳優・山崎樹範として2度目のテレフォンショッキング出場で僕がプレゼントした風とロックTシャツproduced by 伊賀大介を着て出てくれて出てくれるのはいいんだけどどうやったらそんなにシワくちゃになるんですか校長。きょうび、イキがってるヨーロッパのデザイナーもどきでもそんなにシワ加工入れないですよ。ドラム式の洗濯乾燥機買ったとか言ってなかったかアンタ。マジで。本当にありがとうございました。見てない人は日曜日の増刊号で。

あの絵の具を振ったような第1弾Tシャツは完売してしまったけども第2弾は入荷したみたいでそれよりも何よりも風とロックとTシャツSHOP!!!!!!!風とロックが誇る広告界の新しい風、ギャングスター・プランナーたちからのアイデアが着るメッセージとして商品化されようとしていて店でもサイトでも投票という名の予約を受付中で僕のTシャツの予約状況はどうなってんのかしら。つーかmottainaiキャンペーン事務局の人々は数百枚単位で買っていただいて全然mottainaiですんで。あーmottainaiの意味分かんなくなってきた。もっとデラックスかっこいい、略してデラかっこいいデザインにしてらもうように箭内さんとかhisadaさんとかに土下座しますんでみなさんまずは投票にご参加を。こんなに左半身が痛いのにキチンと土下座できるかしら。風とバラッドの前に特大のダンゴムシが転がって凍死してたらそれは僕ですんで焼いて食べてください。

yamamoto

にんにくと次男坊

ninniku.jpg
風とロックTシャツをギャラとしてもらうことを条件に書いたり書かなかったり飛んだり跳ねなかったりして数回のヒンズースクワットとブログテキストを始めたんですけどもヒンズースクワットは数回しかやんないなら最初からやんないほうがマシだとヒンズーさんに叱られたので落ち込んでいたら、風とロックスタッフのmiyasakaさんから
「風グループで、あのブログ書いてる人誰?って話題になってますよ!!」
とか嬉しそうに報告されて、あのー月刊風とロック創刊号から3年ぐらい連載続けてるんですけどもけどもけどもけどもけども…(山から明瞭なこだま)…僕の連載って身内にも読まれてなかったんすかすかすかすかすかすか…(こっちは口で人工的に作ったこだま)…

人間にとってモチベーションっていかに大事かってことを連載の原稿の遅れの言い訳に使えるなと思った、そんなラジオ風とロック収録。ちなみにこの原稿と一緒に連載原稿も送信しました遅れてすみません。ギャングスター・プランナーの件について書いたよ。そんなラジオ風とロック収録。あ、月刊風とロック1月号はサンボマスター総力大特集ですけどサンボマスターとかままどおるズとか以前にににんにくくせ―――――――――――――――――――――――――――!!!!!!
「にんにく」というひらがなを、『に』と『く』でメガマック的に挟んでみたよ。そしてにんにく臭。
ラジオのウェブ担当曽雌さんから差し入れでいただいたスタミナにんにくがスゲー美味しそうに見えたんで収録しながらサンボも一緒に食べようよ的にフタ開けたんだけどもブースの中がいきなりにんにくどもの体臭に占領されて食ったほうが加害者になれてラクになれると思って2個食ったら頭が朦朧としてきてやっぱし被害者のままで箭内さんはなぜか「にんにくは1日7個まで」とか無根拠な言い伝え的なコトをオカンみたいな感じで繰り返すのでもっと朦朧としてきた。何7個って。ドラゴンボールか。

僕は小学生時代お受験ブームの波に呑み込まれてというか呑み込まれてたのは両親で、彼らは僕にキヨーレオピンを毎日飲ませた。キヨーレオピンって何か知らずに育ったあなたがたは検索しなさい。あの強烈に臭いニンニクエキスをカプセルに注入して毎日飲まされてコレ大人の飲み物なんじゃねーのかと子供心に疑問は持ちつつも受験勉強の合間に毎日飲まされて2週間後、僕は鼻血が止まらなくなった。小6の子供の鼻腔がメーデーメーデー言っているのに両親は鼻血を半笑いで見つめていて僕は不信感とエントロピーを増大させたんだけどもブースの中のにんにく臭に朦朧としながらあの日の僕がフラッシュバックしたという個人的な話です。

ままどおるズ特集として1/26オンエア。サンボマスターと『天使のロック』対談。これは2/2オンエア。聞いてください。婦女子は聞かなくても正直いいかもしれません。にんにく臭がスピーカーから漂うと思いますんで。サンボマスター山口隆くんを目の前にした箭内さんは常に次男坊キャラで、10歳以上も若い山口くんは箭内さんをリスペクトしつつも優しく大人として導いてくれて箭内さんはサンボが大好きというキモチとお兄ちゃんが言うから絶対に正しいというキモチと酔っ払ってきて考えるのめんどくせーというキモチから全てを山口くんに委ねる。そんな福島県人兄弟ユニット、ままどおるズ。いいコンビですよね。にんにく臭いけど。朦朧としすぎてにんにく臭いのがままどおるズのせいだみたいに脳内ですり替わりましたけど別にいいですよね。にんにくは畑の豚肉です。適当なコト言うな。

またも長くなりながら言いたかったことはサンボマスター1月23日リリースのアルバム『音楽の子供はみな歌う』は名盤だってことです。買ったほうがいいですよ。買わないと人生がちょっとだけ痩せ細ります。
あ、公開収録来ていただいたみなさんありがとうございました。2月9日(土)、渋谷パルコ店の1日店長することになりました。個人的にはその日のクアトロのmonobrightのLIVEに行きたいキモチとにんにく臭で胸がいっぱいです。

(山本佳宏)

1月9日

080109.jpg
「このブログを私物化しようとは思ってなかったよ」
「そうよ、だってアナタ、風とロックスタッフじゃないじゃない」
「そうさ。でも止まらないんだ。風とロックは止まらないんだ」
「メディアミックスなんて言葉、いつから聞いてないかしらね」
「メディアの垣根なんて、もはやどこにもないんだ」
「私物化、つまり、ここにもアナタの居場所を見つけた、ってことね」
「俺が居る場所、それが居場所さ」

2人とも男だと思って音読してください。

この週刊風とロックのTOPにもスペースをいただいてますけどもラジオ風とロックは『ギャングスター・プランナー』を展開中でこれは2008年広告の夜明けで僕たちは勝手にCM作ります。CM作りは一部の特権階級だけのモノじゃなくて誰だってメッセージを持ってるヤツは発信すればいいんですと宣言して始めた『ギャングスター・プランナー』。詳しくはTOKYO FM風とロックのサイトを軽々しくご覧いただくことにして今回は昨日行われた収録の模様を書きます。

新年1発目の放送で2008年のギャングスター・プランナー戦略会議を冷酒を飲みつつ熱く語り明かしたわけですけども武士が町人を斬るようにバッサリ編集されてしまい仏さんが新年早々川に浮いてしまいましたため未放送部分を聞きつつ副音声的に追加で語ることにしたのが今週土曜オンエア予定分。また斬られそうですので、このブログにてギャングスター・プランナーとは何たるかも含めて。

*ギャングスター・プランナーCM第一弾『キリンビールラジオCM』は、ある意味ビギナーズ・ラック。
*僕らはビギナーズ・ラックをいつでも大歓迎。
*つーか毎日をビギナーズ・ラックで生きていくために『初めて』を探してキョロキョロしてる。毎日が初体験。
*変なヤツラをどんどん広告に手引きしたい。同じ色、同じクオリティのCMだらけの世の中は、2007年でおしまい。

*初めてクライアント様からのオファー様が来たよ様。以下、メールを抜粋引用。
“はじめまして、わたしは、エンピレックスという会社で、宣伝部兼務でエンジニアをしております。
確かに、箭内さんのおっしゃる通り、広告は一部の特権階級のものじゃあないと思います。
弊社では、現在、WEBシステムの負荷テストサービスというものを売り出したいと考えており、
夏に一度、ボトルネックバスターズというチームが、WEBシステムの問題を発見し修正するという流れのマンガを作成し、開発者向けサイトに掲載いたしました。
反応は、かなり良かったのですが、このサービスの利用増大には直結していないと思われます。
できれば、会社とこのサービスが、もっと自分達の業界から注目をされるような、CMが作れないものか?
と虫の良いことを思っております。
当然、企画採用に至った場合は、それ相応の報酬はお支払いしたいと思います。”

全国のギャングスター・プランナーは、エンプレックスをクリエイティブで盛り上げてみては。

*当然、自分の愛するものをメッセージするのが1番だから、自由にどうぞ。

*SCHOOL OF LOCK!から流れてきた愛知県の18歳、”二郎(¥90800)”はオモロイ。ギャングスターの素質アリ。
“右手が悴(かじか)んだら、左手を使えば良い。2個あるって便利!!!!
てゆうか普段右手を使う人は、あえて左手でやってセルフでぎこちなさを演出して快感にすりかえればいいらしいです。
みんなもやってみれ!!! 2個あるって便利!!!!”

*滋賀県 19歳男性 ファム(TVブロス読者)からのギャングスター・プラン。
“広告の提案です!テレビ局で一年くらいやる企画なんですが、その局の視聴率が前年度より上がった分だけ環境問題にお金を使う。それを宣伝に総合的な視聴率アップをテレビ局は狙う。
視聴者はどの局も大した差がないからどうせならエコなチャンネルを、とその局の番組を見る。
環境が良くなる。”
メッセージがキラキラと伝わってくる。目の前の金にしか興味がないオッサンは刮目して見よ。リンゴが食べたくてリンゴの木を切り倒す愚は2007年でおしまい。

*何をどう広告するのか。自分でスタートして自分でゴールしてみるのが吉。フラッシュアイデア放置して後はおまかせ、よりも100倍楽しいよ。365日365玉砕。

*広告にまつわる素朴な質問も全然ウェルカムですんで。


こんな感じ?ダラダラし過ぎましたか。ともかく言いたいことは、1/26ままどおるズ、2/2サンボマスターゲスト。さらにはいきなり1/14(祝・月)の夕方4時ぐらいから風とロック渋谷パルコ店で公開収録(1/19オンエア)で、ございます。写真は全く無関係に1/9CoccoのLIVE@日本武道館。『きらきら』は名盤です。

(山本佳宏)

1月5日

080105.jpg
SCHOOL OF LOCK!の校長教頭&職員室のみなさまには風とロック渋谷パルコ店の初売り福袋にご協力いただきまして何かお返ししようと思って商品ラインナップを見てもらって欲しいものありますかと聞きまして。
SCHOOL OF LOCK!って何なの分かりやすく説明しなさいよじゃないとこんな駄文読んでやんないわよとおっしゃる情報社会の犠牲者のみなさまのためにカンタンに説明しますとwww.tfm.co.jp/lock。ラジオ風とロックの二卵性双生児番組。

大人になればなるほど自分で調べる労力を惜しんですぐに人に聞いたりしてかつて大人に「自分で調べるクセをつけなさい」とか言われたことも忘れてしまってて悲しいですよね。ちょっと調べるのにストレスを感じるとストレスを感じさせた側のせいにして生湯葉レベルの薄っぺらさで探求をやめてしまいがちですけども。金曜日にジャンプ売ってる店を必死に探したあの頃が懐かしい。みなさんはストレス嫌いですか?僕は大好きです。ストレス無しには生きていけません。

職員室のみなさまにわー欲しい欲しいと幸いにも言っていただきましたため注文を受け付けまして。
*風とロックとリリー・フランキーパーカー (グレー)×2 (ピンク)×1
*風とロックとNEW ERA CAP (白)×1
*風とロックミュージシャンTシャツ (チン中村)×1
*風とFUCK! (メンズ赤)×1
ほらやっぱり予想通りリリーさんのパーカーは人気でございまして何故僕は小売業みたいな感じになってるのかを考えないようにして代わりに神社で振袖の袖でシバき合う女のコトとか考えるようにして商品取りにお店行ってきましたんですけどもグランバザール―――――――!!!!!!人人人人虫人人――――――――!!!!!ウソですパルコに虫はいません。あーもっと人が少ない日に来ればよかった。風邪うつされそうだし。僕大学1年ぐらいのカップルがモサモサ歩いてるのとか苦手なんで。
取り置いといてもらったのでレジに向かってジャージ金髪イタ―――――――!!!!!!!レジの横の小型犬の檻ぐらいのスペースで箭内さんは風とロックスリッパにサインしてて僕のほうをみて小型犬のようにエヘヘと笑ってました。小型犬のようだったかどうかは記憶が曖昧です。箭内さんもたまには店にいるみたいなので、みなさんもたまには行ってみてくださいお店。このブログでも紹介されてるように商品も増えてますので。

追伸1:僕のような者の福袋ご購入ありがとうございました。中身しょーもなくてすいません。DOGEZAで済むならいくらでもDOGEZAします。詳細は月刊風とロック2月号にて。

追伸2:個人的にはエドウィンとのコラボジーンズ第3弾、金とロックを買いましたけど、3日連続で履けば大体周りも慣れてきますので思ったより大丈夫です。

業務連絡:風とFUCK!の予約伝票が入ってませんでした。次の収録の時下さい。小売業の信用に関わります。やっぱ小売業かお前は。
(山本佳宏)

1月4日

080104.jpg
世界に羽ばたけ武道館!!!!武道館サイドが全く望んでない応援で明けましておめでとうございます。
昨年末から世界に羽ばたかないほうの日本武道館と縁が続いているんだけどストリートで武道家たちに囲まれるのがイヤなので普通に語りますが昨年末から日本武道館と縁が続いている。
11月にはYUIのLIVEを観て12月には僕が構成した新垣結衣のLIVEイベントをやって昨日はRIP SLYMEのツアーファイナルを観に行ってついでに言えば来週はCoccoのLIVEを観に行く。2ヶ月で4回。歯医者か。
1/4”RIP SLYME FUNFAIR TOUR 07-08” FINAL@日本武道館。RIPのLIVEは久々だったのとFINALでMONGOL800サプライズゲストってこともあってドキドキ度が若干高くて18時開演なのに17:30ぐらいに到着してしまった。2階のセンター最前列は多分関係者席で当然のごとくまだ誰も座ってなくてそりゃそうだよな業界の人ってこういうの遅刻ギリギリでカッコよく座るのが当たり前だよなと思いながらちょっと恥ずかしげに自分の席に座ろうとジャージ金髪イタ――――――――!!!!!!!
「俺、何か知らないけど5時に着いちゃってずっと1人で座っててすげー恥ずかしいんすよーあ、またブログ書いて下さい」と僕のところに来てジャージ金髪はボソボソしゃべって自分の席に戻ってポッツーンと座った。本来は何か誰か来るまで箭内さんの話し相手になったほうが礼儀的には正しいのかもしれないけど僕は箭内さんが寂しそうに去っていくのを止めようとしなかった。なぜ僕はあの時、彼に声をかけられなかったんだろう。ヒトコトでいい、たったヒトコトでいい「もう少し…話しませんか」となぜ声をかけられなかったんだ僕のバカ。僕の…僕のせいで…彼女は武道を捨ててしまった何の話コレ。

仕事相手とか取引先の人とものすごい長時間雑談できるオッサンとかたまにいますけど超尊敬します。オッサンとか言ってすいません。何しゃべってるのか教えてください。

去年ラジオ風とロックにもゲストで来てくれ月刊風とロック12月号の巻頭も飾ったRIP SLYME一軍または味わい組こと、SU、PES、FUMIYA。
SUさんのどうしようもなさ、PESくんの天才肌、FUMIYAくんのムッツリ変人っぷり。目が離せないLIVEでした。個人的にはSUさんがいつもよりずっと頑張って踊ってたのが残念ポイント。LIVEやってんのにステージをコンビニ行くみたいな感じで歩いてるSUさんが僕は心から好きです。
あ、箭内さんが、またRIPと何か一緒にやる的なコト言ってました。箭内ファンRIPファンは海馬の片隅にとどめておいてください。

(山本佳宏)

FURUSATO

071229mama.jpg
兵庫県の尼崎市という中途半端な中都市で
生まれて育って泣いて笑ってケンカして
飲んで飲まれて20数年暮らした
酒と泪と男と女のうちの男の僕だけども、
僕は尼崎というFURUSATOに
愛を感じたことがなくてそれはなぜかというと
愛された記憶がほとんどないから。故郷に。
故郷はなぜ愛を与えてくれないのか。
こっちが与える一方か。ハーレムか。
ちょっとぐらい愛してくれたっていいじゃないか。大奥牛耳るぞコラ、将軍コラ。
ボケだのツッコミだのテンポだの何だのアホ面さらして街なかでデカイ声でしゃべってる関西人が大嫌いだった。お前ら法の下に等しく平等に面白くねーんだよ。
故郷を愛せなかった。愛されてる実感がなかった。気づかれないように逃げるように僕は上京した。
.故郷は僕の上京に気づかなかった。

風とロックと福島民報主催、ままどおるズツアー~207万人の天才~。東北出身者限定LIVE。
福島に背を向けて上京した男2人。サンボマスター山口と風とロック箭内。
特設サイトに2人のLIVEレポートというかお客さんからの感想メールが載ってたから見た。
僕は『好き』の反対は『嫌い』じゃなくて『興味がない』だと思ってて、
『好き』と『嫌い』はほとんど同じ意味なんじゃないのかと最近すごく思ってて、
それは全部ひっくるめて『愛』なんじゃねーのかと思ってて、
感想には愛があふれてる。故郷が嫌い、自分が嫌い、それも愛。

僕が再び故郷で暮らすことはきっとない。箭内さんが福島で暮らすこともきっとない。
故郷なんか嫌い嫌いだと東京で言い続ける僕らみたいなどうしようもないやつも
放置してくれる故郷はエライと思う。ちょっと惚れるかも。今夜だけ。明日は東京の女。

好き勝手言いましたが、ままどおるズの長兄、山口さんは来年1月ラジオ風とロック出演決定。
まちがいなく面白いなコレは。ダラダラしゃべること確実ですけどみなさん聞いてください。
何日出演かは、ラジオ風とロックのサイトで決まったら言います。チャオ!!!
なんで最後だけ陽気になった今。

(山本佳宏)