風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2017/04 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

2013.9.8 風とロック岩手 スペシャルフォトレポート

風とロック岩手 LIVE福島 CARAVAN日本 ~いわてに帰ったら 風とロックの又三郎~
スペシャルライブレポート(フォト by 石井麻木)

2013年9月8日。
風とロック宮城の一週間後。

岩手県盛岡市の岩手県公会堂に、
キャラバン一行は降り立ちました。
iwate01.jpeg
由緒ある、この岩手県公会堂は、
国登録有形文化財にも指定されている建物。

内装も、アールデコ調の気品が漂い、
これまで巡ってきた会場とは、
まったく違った雰囲気です。

有形文化財の中でみる、
映画「あの日〜福島は生きている〜」

そして、上映後のトークショー。
左から、平井理央、諸田祐希(東北ライブハウス大作戦宮古支部)、西片明人(東北ライブハウス大作戦本部長)、
藤井敬之、大久保剛、高橋美佳(アナウンサー/テレビ岩手「5きげんテレビ」MC)、
富澤タク、下山晴史(東北ライブハウス大作戦宮古支部)、渡辺俊美、日食なつこ、箭内道彦(敬称略)
iwate02.jpeg
この日の早朝、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地が
東京に決定しました。
トークショーでもそのことが話題に。

箭:オリンピックが東京に決定しましたね。
ここ数日間、汚染水のことだったり、竹田委員長が言った
東京と福島は離れてるから東京は大丈夫という言葉に
福島の人が怒ったり傷ついたりしてた中で、僕はもう決まった以上はいい形で、
東北の人たち全体がよかったなって思えるような形になるコーディネートをかけていきたいなと思うんですけど。
安倍首相があんだけ約束したわけだから、
来月汚染水がなにか大変なことになるわけにもいかなくなって。
外から言われるのに弱い人達ですから、外がああやってがんじがらめにしてくれたことはすごいいいし、
僕はスポーツって本当素晴らしいものだと思うし。
ちょっと踏み込んだ事いうと、日本でオリンピックをやるのは殺人行為だって言う人が、
そういうキツイ言い方をしなくなったらいいなって思った。
藤井くん、郡山に住んでるよね。
福島に昨日雨が降って、それはオリンピックの知らせに対するものなんじゃないかぁって
ぽつんと言ってましたけど、なんかその辺りも含めて、
今感じてることとか福島で感じてることってなんですか?

藤:ちょいちょい積もってきてる部分で、そのオリンピックの話とかふざけんなって正直思って、
もっとやることいっぱいあるじゃねえかよって思ったんだけど、
箭内さんがさっき言ったように決まっちゃったんだから、
もうそれはいい形で着地させないといけないし、
まわりが安倍さんをがんじがらめにするっていうのも、
俺が言いたいこと全部箭内さんが言っちゃったんですよね。
で、昨日、本当に東京に決まりましたっていう瞬間に雨が降ってきたんですよ。
しかもバァーって。だからなんか僕の気持ちとリンクしてんなと思って。
それで、奥さん起こして、決まっちゃったよって。
俺本当に悔しくてしょうがなくて安全だって言い切ってるのが許せなくて。
安全じゃないし汚染水の問題は全然片付いてないのに
そういうこと言わないからなんだよって。
で、奥さんに、決まっちゃったよって言いながら泣いちゃったんです。
酔っぱらってましたけどね。

箭:酔っぱらってない時ないでしょ?夜で。

藤:(笑)いや、気になって寝れなかったんで。まあ毎日飲んでますけど。
お酒の効果もあったのか知らないですけど
本当に悔しくて久しぶりに声を出して泣いちゃって。
今でもそれを思うと泣きたくなっちゃうけど、決まったものは決まったものなので
この状況に対して、前を向いてちゃんとやっていかないといけないっていう宣言になったらいいな、
と思いますね。

箭:そうですね。7年経って全部、復興していなきゃいけなくなったっていう人もいてね。
でもちょっと待てよ、7年もかかるのかって気持ちも逆にあって。
開催の時にちゃんとしてればいいんじゃなくて、もっともっと急いでほしいなと思うし、
発電所の中で働いてる人達は、
本当にいっぱいいっぱい働かされてると思うんですよ。

俊:まずは、オリンピックの人達にじゃなくて、
福島・東北に対して、ひと言ほしかったなっていうのが、僕の希望で。
ケアがまだできていない、という。
汚染水のやつが今まで福島県と東電が20km圏内でやってたんですけど、
それが90km以下に昨日一昨日の日付でなったっていう
遅かったなっていう、やっぱオリンピックがあるからそうやって。
やっぱプレッシャーがあるからこそ、
7年後なのかそれ以上のものを日本はやらなきゃいけない。
その代わり、僕らは嘘を見抜くこともやらなきゃいけない。

箭:隠すこと増えますよね、たしかに。

俊:かなりうん。それを同時に感じましたね。
あとは除染の範囲に締め切りがあるみたいで、9月末までにこの範囲やらなきゃいけないのかよって、
みんなブーブーいってるみたいなんですよ。
そういうのも決まってないのに安全って発言は僕は納得いかない。
僕はずっと剣道やってて剣道ってオリンピック出られないんですよ。
小学校から大学まで剣道やってたけど、
どうせオリンピックでれないスポーツだから最初っからそういうのはなかったんですけど、
そういう予算をこっちにやってほしいなってのもあるし、僕たちの活動もやっぱりそういった意味でね、
東北ライブハウス大作戦もそうですけど、今までなかったものを作るっていうのは、
後のことを先行するってことではなくて、生きる力っていうのかなそういうものが未来をみて、
福島県の富岡町にライブハウスが小ちゃい時にあったら近所迷惑にもならないし、
そういう場が今できればいいなってそういうふうに思いました。

箭:西片さん、大忙しですね。

俊:はい。でも西片さんは大丈夫。西片さんは僕のいっこ下なんですけど、西片さんって呼んでしまう。

箭:本当そうなんだよね。俺も3つ上ぐらいだと思ってたんだけど。すごい得ですよね。

俊:僕は20km圏内に生まれ育ったので、いろんな意味で見逃さないように
見張ってないいけないと思ってますんで。

箭:ひと言ケアってところに、やっぱつきますよね。
何かのために急ぎでやるってことじゃなくて、辛い人がいるから急いでやらなきゃって
本当は思ってほしいですよね。じゃあ、同じ沿岸部、富澤タクさん。

タ:やっぱりオリンピックのことだったりがすごく気になってて、
決まってよかったなって単純に思ってて。やっぱり汚染水のこととか日々すごい気になってて、
たまに本当にまいった気分になるんですよね。汚染水とか放射能のことですよね。
ツイッターにも最初は書いていたんですけど、書けないくらいになっちゃって。
弟が近くに住んでいてその影響もあるし、知り合いでそういう仕事してる人もいて、
漏れ聞く話と一般的に流れてる話と違うのを聞くと、
本当になんかどうしたらいいかわからないっていうんですかね。
魚の10代先まで僕ら食べられないって話とか、汚染水の量の多さとか本当に深刻だなと思って。
でも心の健康で自分とやってくためにはやっぱそのいい意味で、
自分を和らげながらやってく方法を身につけないと、まいっちゃうんじゃないかなと思って。
で、そういう時にオリンピックの話とか自分の立場からみると短絡的に感じたりもするんですけど、
そういうことがきっかけとなって日本の問題だと思ってるんで、
日本がやっぱり全体として元気になるようなはずみになってほしいと、
希望的観測として望んでしまう感じですね。

箭:なるほど。平井理央さんは、フジテレビ、こっちだと、岩手めんこいテレビで、
「すぽると!」とという番組を通して7年半スポーツを見てきて、
次のリオデジャネイロのリオですしね。オリンピックってやっぱ大きなニュースですよね。

平:あのよくアスリートの方がリオを目指しますって、ニュースで言ってるのを聞くとドキッとします。
世の中のリオさんはきっとそう思ってるんじゃないかって思うんですけど。
私、朝東京で6時から9時の生放送のラジオをやってきたんですけど、
そこでリスナーの方からオリンピック・パラリンピック開催決定についてっていう
メッセージをいただいて、
例えば経済効果があるとか、オリンピックを生で見られてラッキーみたいなことじゃなくって、
今、原発の問題とか汚染水の問題を忘れてはいけないし、
7年後どういう日本になって外国のお客さんを迎えるかってことを考えている方が、
東京のリスナーなんですけど、非常に多かったですね。
それでも東京だったり岩手の方だったり福島だったり、
一人一人に意識の差はあると思うんですけど、
今、俊美さんの話とかを伺っていて、ひと言足りなかったとかちょっとした思いやりみたいなのって、
当事者の人がそばにいないと分からなかったりっていうのがあると思うので、
2020年のオリンピックのときに岩手県代表だったり福島県代表だったりっていうその土地の人が、
オリンピックファミリーとして一緒に考えるオリンピックを作っていくと、
たぶんそのひと言足りなかったとかがもっと少なくなるんじゃないかなっていうのが
今の話を聞いて思いました。

箭:今、話を聞いててまたここでも感じたんだけど、素敵な思いやりというかね。
パラリンピックを入れたじゃないですか、俺ら誰も入れないでしゃべってたじゃないですか。
結局そういうことなんですよね。パラリンピック抜かしちゃってるわけですよ。
結局それはパラリンピックに悪意があるわけでもないし、オリンピックに含まれてるって
勝手に決めつけてパラリンピックっていうのを言葉にしないっていうそういうことの繰り返しで。
僕自身も毎日誰かを傷つけてるし、
それを反省しないとなかなか難しいなって思ってますね。
iwate03.jpeg

また、この日は東北ライブハウス大作戦の本部長、
西片さんも、トークショーに初参戦。

「風とロック LIVE福島 CARAVAN日本」とともに始動した、
福島県猪苗代に自然エネルギーによる 野外音楽堂を建設するためのプロジェクト、
「東北ライブハウス大作戦 with LIVE福島」。
「風とロック LIVE福島 CARAVAN日本」および「風とロック芋煮会2013」の全収益は
このプロジェクトに寄付されます。

西片さんは「東北ライブハウス大作戦」を始めた、
そもそものきっかけを話してくださいました。

西:自分の意志で集まれるような場所を作りたかったってことなんですけどね。
震災以降、沿岸部でライブをまわっていて、その時に、山田の避難所に立ち寄らせてもらって。
強制的に声を押し殺して集められた方々がいて、その光景を見た時に体が震えたというか。
で、漠然と自分達の意志で集まれる場所を作りたいっていうふうに。
今、考えると当たり前のことなんですよね。自分が何ができるかって考えたときに、
ライブハウスつくるって、とにかく人が集まれる場を作りたいなってことがきっかけですね。



そして、LIVE。開場前から、長い行列。
iwate04.jpeg
キャラバンと共に、全会場を旅してきた
グリコワゴンがお出迎えします。
グリコワゴンは全国どこに言っても、
みんなが記念撮影をして、大人気でしたね。


語り部 海野ノリ子さんの遠野民話により幕を明けたLIVE。

オープニングトーク。
箭内実行委員長と、平井理央さん。
iwate05.jpeg
箭内実行委員長に、
会場の向かい側で行われている野外イベントに、
俊美さんが飛び入り参加しているという情報が入り…
「こうなったら、こっちも負けじと飛び入りを呼びますよ」ということで、
急きょ、高橋優さんがオープニングトークに登場!

この日は、トリを務める高橋優さん。
最後に歌う曲を実行委員長が漏らしてしまうというハプニング(?)も…。

民謡歌手であるお父さまも会場にいらっしゃっていたそうです。
iwate06.jpeg

トップバッターは、
「風とロック神戸」でも熱いステージを魅せてくれた
ガガガSPのコザック前田&山本聡!
iwate07.jpeg
iwate08.jpeg
「やっぱりね、俺らは、気持ちいいことや
あなたにとって腹立つことも言うかもしれんけどさ、
せやけどね、バンドがやれることってね、
あなたがたを救うとかね、そんなマザーテレサやない限り、でけへんわけよ。
ね、やり過ぎたらどっかの宗教みたいになる。そんなんは俺、いやなわけよ。
明日からちょっとがんばろうかなとか気合い入れようかなとか、ていうぐらいの、
ちょっとおもろかったなっていう、普段の、日常サイクルの中の風穴くらいは、
こう、プスッと刺すくらいのことはできると思うねん。
それがライブハウスでやるバンドの宿命やと思ってますわ。 」
(コザック前田)
iwate09.jpeg
iwate10.jpeg
iwate11.jpeg
iwate12.jpeg
MCも含めて、岩手県公会堂に集まってみんなの気持ちが一気に掴まれます。

コザック前田&山本聡(ガガガSP) セットリスト
1.線香花火
2.赤秋-せきしゅう-
3.ただひたすらの日常アナーキー
4.晩秋


会場のボルテージがいきなりあがったところで、
箭内実行委員長、西片本部長、平井理央さんが
2週間後に迫った風とロック芋煮会の
タイムテーブルを解禁!
iwate13.jpeg
来たる芋煮会に向けての期待感が高まります。


続いて登場したのは、
岩手県花巻市出身および在住の日食なつ子さん!
iwate14.jpeg
自称、“口べた”という日食さん。
思いが高まった時には、キーボードの前に座って、
気持ちをぶつけるそうです。
その思いが、美しくも勇ましい歌声になって、
岩手県公会堂に響き渡ります。
iwate15.jpeg
「みなさんの感情のリミッターを解除する術に、
わたしたちアーティストをどんどん利用してほしいなと思います。」
最後のMCで力強く語ってくださいました。

日食なつこ セットリスト
1.少年少女でなくなった
2.黒い天球儀
3.floating journey
4.ヒューマン
5.水流のロック


釜石市出身のあんべ光俊さん。
箭内実行委員長も、中学生の時からファンだった、と公言しています。
時は流れ、今、予定シリーズを歌ってくださったり、
こうやって、風とロックのイベントに出演してくださることには、
きっと、中学生だった箭内青年も想像していなかったことでしょう。

日食なつこさんが小学生のときも、
学校にあんべさんが歌いに来たそうです。
iwate16.jpeg
「このCARAVANが早くなくなるような日本、福島にしましょうね。」
一曲目の歌い出し前に、さらっとおっしゃったその言葉が印象的でした。

あんべ光俊 セットリスト
1.悲しみの向こう
2.Kinuna伝心
3.It is with you

そして、あんべさんに呼び込まれ、
俊美さんとタクさんがステージへ。

3人で、「予定〜いわてに帰ったら〜」のスペシャルverを披露。
iwate17.jpeg
iwate18.jpeg
「じぇじぇじぇ」などスペシャルな歌詞も加わった、この会場限定のバージョンです。
あまちゃんで片桐はいりさんが演じた「あんべちゃん」も歌詞に出てきました。
(宮藤官九郎さんによると、「あんべちゃん」の役名は、あんべ光俊さんによるものとのこと)


タクさんは、ここ岩手でも、ダンディで色気あふれるソロ演奏。
(そして、その合間にエロティシズム川柳)
iwate19.jpeg

富澤タク  セットリスト
1.ソレイジョー
2.ナイトソング・イン・ザ・シティー
3.いずれ


バトンを受け継ぐ、俊美さん。
iwate20.jpeg
各地で歌い繋いできた、
作詞 箭内道彦、作曲 渡辺俊美の「こたえよ」。
子どもたちを連れ沖縄に自主避難をした女性が語ってくれた率直な思いを、
箭内がそのまま歌詞に紡いだこの曲。

歌った後、俊美さんが語ります。
「今の歌、歌いながら思いました。
避難している人だけじゃなくて、そうですね、
福島にいる人も同じ気持ち。答えが欲しいと思います。
たぶん東北の人もそうだし、
関東のそういう人たちも思っていると思います。」

渡辺俊美 セットリスト
1.夜の森
2.こたえよ
3.Innocent Love
4.I love you & I need you ふくしま


続いて登場、雷矢!
宮古出身のボーカルyasuoさん、
東北ライブハウス大作戦の前掛けがかっこいいです!
iwate21.jpeg
「音楽的には殺せなど死ねなど言ってますけども、
心が優しい三陸の男ですので、よろしくお願いします。」と自己紹介。
iwate22.jpeg
iwate23.jpeg
iwate24.jpeg
「岩手県に生まれたことを誇りに思います。」
激しい演奏の合間のMCでのyasuoさんの言葉。

雷矢 セットリスト
1.ANOTHER MAN
2.残された呼吸
3.街は陽炎の中に在った
4.反逆となりて
5.続行の歌


全会場出演の音速ライン。
iwate25.jpeg
「打ち上げ花火」「ありがとね」の2曲を演奏した後、藤井さんが語ります。
「だからやっぱりさ、いろんなところに、日本全国ね、
いろんな人がいてさ、地方ごとにその言い方が違う訳ですよ。
でもやっぱり伝えたいことは一つなわけ。それって、本当にこの「Two Shot」の歌詞になっててさ。
本当にさ、人間なんて一人として同じ人はいないわけで、同じ問題だって同じことだって、
全然違うふうに捉えているわけですよ。
だから、なんだろうな、答えがないというところで、一致しているというか、
だからもう自分次第だから。それをこの歌は気づかせてくれるという…」
そして、藤井さんと大久保さんのふたりによる「Two Shot」が奏でられます。

最後の「逢いたい」では、俊美さんも急きょ参加。
iwate26.jpeg
一緒に旅を続けてきたからこその”友情”が奏でる演奏に、
観客のみならず、舞台袖の出演者一同の心も打たれます。

「音速ライン」セットリスト
1.打ち上げ花火
2.ありがとね
3.Two Shot
4.逢いたい with 渡辺俊美


「風とロック岩手アコースティックセッション」の怒髪天。
iwate27.jpeg
怒髪天の後に出番を控える高橋優さんも加わって、舞台袖で気合い入れ。

いきなり、ギターの音響トラブルもありましたが…
iwate28.jpeg
さすが怒髪天、それすらも楽しい時間に変わります。

iwate29.jpeg
3曲目では、箭内実行委員長作詞・作曲の「YOU DON'T KNOW」。
実行委員長もステージにあがります。
iwate30.jpeg
iwate31.jpeg
曲の後、「車が走っているのが見えた。車が走っているのが見える会場、いいですね。」と箭内実行委員長。

iwate32.jpeg

怒髪天 セットリスト
1.ホトトギス
2.あたし、SUPERツラい…
3.YOU DON'T KNOW
4.どっかんマーチ
5.喰うために働いて 生きるために唄え!!


2009年の風とロックFES福島から、
全ての「風とロック」に出演している高橋優さんが、
全国の旅を締めくくる岩手の地で、トリを務めます。
iwate33.jpeg
「CARAVAN日本は唯一無二のイベントだと思います。
他のフェスとかだったら、みんな自分が一番だとか自分だけ見てくれっていう感じで
ステージに立っている人たちがたくさんいる中でね、
このライブっていうのはみんなが一つになって、
増子さんが言っていたけど「一座」で回っているみたいな印象がすごく強かったです。
それこそあんべさんがね、
「この風とロック LIVE福島 CARAVAN日本が早くなくなる日がくればいい」って
おっしゃっていたんですけれども、それもすごくそうだなって思うし、
箭内さんもその通りだなっておっしゃってたんですけども、
風とロックの人たちっていうのは、たぶんすごく愉快で、
ほんとに何があったってみんなに音楽を届けるために
一生懸命になってどっか行く人たちだと思うんですよ。
だから、それこそ、地震が起きなければ本当にいいんだけれど、
何か震災があったりとか、何か嫌なことがあったりだとか、
辛いことがあったら、みなさんのもとにたぶん風とロックの人たちがやってくるじゃないかと。
これからもそういうのが続いていくんじゃないかと。
だとすれば、いろんな悲しいことがあるんだろうけれど、
風とロックみたいな愉快な人たちもいるならば、
明日からもまたがんばっていけるのかな、見たいな気持ちに、
ボクは今日一日、舞台袖で見ていて思いました。」
(高橋優)
iwate34.jpeg
2012年12月22日。風とロックCARAVAN日本 の旅の始まりの地。
郡山ユラックス熱海で、高橋優さんがキャラバンギターで最初に歌ったのが「福笑い」。
そして、旅は続き、月日は巡り…岩手の地で、最後の曲が、
同じキャラバンギターでの「福笑い」となりました。
iwate35.jpeg

高橋優 セットリスト
1.同じ空の下
2.こどものうた
3.ジェネレーションY
4.(Where's)THE SILENT MAJORITY?
5.福笑い


オールラインナップ前に、箭内実行委員長が登壇。
iwate36.jpeg
2012年福島から始まった「風とロックLIVE福島 CARAVAN日本」の
全出演者、賛同社、協力社の名前を読み上げました。
そして、これまでの旅の各地でお世話になった方々へ、
風とロッカーズへ、感謝を伝えました。


オールラインナップ。
出演者のみなさんが歌い繋ぐ
「Two Shot」。

増子さんは、岩手の美味しい日本酒片手に登場。
すごく旨い、と。
iwate37.jpeg
高橋優さんに渡して…
iwate38.jpeg
お客さんからの心配の声があがるなか…
iwate39.jpeg
!!!
奥の藤井さんの驚きの表情にも注目です。

そんな一座の和やかな雰囲気の中、「Two Shot」が始まります
iwate40.jpeg
坂さんが持ってるのは、宮城に引き続き、
キャラバンギター(段ボールエディション)です。
iwate41.jpeg
高橋優さんも客席へ。
iwate42.jpeg
そして、2階へ!少年と肩を組み合って。
iwate43.jpeg
iwate44.jpeg
iwate45.jpeg
「Two Shot」  
2013.9.8 風とロック岩手 LIVE福島 CARAVAN日本ver.

(藤井敬之)
君と僕の 
違うところを
尊敬し合いたい

僕と君の
同じところを
大切にしていたい

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君の
ふるさとは どこですか?
どっちがすき?
かぼちゃとさつまいも

ねえ君の
ほしいものは 何ですか?
どっちがすき?
いちごとさくらんぼ


(増子直純)
君と僕の
住んでる街は
離れているけれど

同じ歌を
くちずさむとき
心は繋がってる

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君の
ふるさとは どこですか?
お国言葉
お互い教え合おう

ねえ君の
ふるさとの 言葉では
なんて言うの?
好きだと伝えるとき


(高橋優)
もしも君が
笑顔忘れたら
この歌うたうよ 

そして君が
元気になったら
みんなで歌をうたおう

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君の
ふるさとは どこですか?
変わらないよ
青空も白い雲も

ねえ今は
ほしいものが わからなくても
また会えるよ
みんなで笑いあおう


(日食なつこ)
僕の大好きな
ことを 君は
好きじゃなくてもいい

あたしは
こっちの方が好きだと
うたってくれたならいい

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえいつか
嫌いな ことが起きたら
手を握って
ぬくもりで伝え合おう

ねえいつか
言いたいこと 思い出したら
声に出して
うたって伝え合おう


(yasuo )
生きていれば
いつもなにかと
隣り合わせでいる

そのなにかが
来るときまで
一緒にいたいんだよ

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

浄土ヶ浜
小岩井農場
花巻温泉

ねえ君の
ふるさとは ここですよ
どっちが好き?
そんなの関係ない

ねえ君は
今ここに 来てますか?
君の好きな
音溢れるこの場所へ

(あんべ光俊)
君に繋がる 
全ての人の
愛にありがとう

遥かな星に
導かれ
君はこの腕の中

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

今日の空
今日の風 
今日の二人
忘れずにいよう

毎日が
始まりさ 
君への恋
100年経っても


(高橋優)
君と僕の
生まれた街を
ずっと好きでいたい

僕と君の
出会った街を
ずっと好きでいたい

初めて岩手で
ライブ出来て
本当よかったな

早く今度は
自分のライブでも
岩手でうたいたいな

ねえ君の
ふるさとは どこですか?
山がきれい?
それとも海がきれい?

ねえ君の
ふるさとの 言葉では
なんて言うの?
「ありがとう」伝えるとき


(藤井敬之)
君といつか
離ればなれに
なるときが来ても

今日という日に
一緒にいたこと
忘れやしないからね

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ今を
焼き付ける様に 生きて
もう二度と
帰れないこの瞬間を

ただ君の
ありのままを 見ていたい
素直にただ 
向き合っていたいだけ


(コザック前田)
音楽なんて
やってなかったら
岩手なんて来てねーぜ!

だから今の
この幸せを
大事にしたいのさ

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君の
ルーツは なんですか?
ブルースですか?
それともヘビメタですか?

ねえ僕の
ルーツは わかりやすいでしょう?
吉田拓郎
そしてYO-KING


(渡辺俊美)
大切な君は 
いつも ひとりぼっち
僕を待つ

手作りの
夕食を一緒に
仲良く食べるため

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君に
ありがとうを いいたいのさぁ
いつも 
たすけてくれるから

ねえ君は 
生きている それだけで
僕は
とーてもここちいいのさ


(富澤タク)
僕の大好きな
君は今頃
何を考えてる

なんにもできずに
いるけれど
ずっと想っているよ

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

lulululululu
lulululululu
lulululululululululu

ねえ君の
ふるさとは どこですか?
どっちが好き?
椀子そばとジャージャー麺

ねえ君の
ふるさとは 元気ですか?
風とロック岩手
最高です!


(増子直純&箭内道彦)
君と僕の
違うところを
尊敬し合いたい

僕と君の
同じところを
大切にしていたい

やさしくなって
強くなって
長生きをしたい

君がつらいときは今度は
僕が助けに行くよ
iwate46.jpeg
iwate47.jpeg
iwate48.jpeg
iwate49.jpeg
iwate50.jpeg

国登録有形文化財である岩手県公会堂にて、
アーティストと出演者の心ががっちりと結ばれて。

全国から預かってきた、福島への思い、
ここ岩手でもしっかりと受け取って。

風とロック LIVE福島 CARAVAN日本も
いよいよファイナル。
福島県猪苗代での風とロック芋煮会へ。
旅はもう少し続くのでした。


風とロック宮城 LIVE福島 CARAVAN日本
~いわてに帰ったら 風とロックの又三郎~
2013年9月8日(日)
岩手県公会堂


LIVE福島ドキュメンタリー映画
「あの日~福島は生きている~」
総合監修:是枝裕和
発起人 :箭内道彦


Talk Show
箭内道彦
渡辺俊美
富澤タク
音速ライン
日食なつこ
平井理央
西片明人(東北ライブハウス大作戦本部長)
高橋美佳(アナウンサー/テレビ岩手「5きげんテレビ」MC)
下山晴史・諸田祐希(東北ライブハウス大作戦宮古支部)

LIVE
オープニングアクト
遠野民話 
語り部 海野ノリ子
(とおの昔話語り部「いろり火の会」)

オープニングトーク
箭内道彦 & 平井理央

コザック前田 & 山本聡(ガガガSP)
日食なつこ
あんべ光俊
富澤タク & 渡辺俊美
雷矢
音速ライン
怒髪天(風とロック岩手アコースティックセッション)
高橋優
オールラインナップ

前のエントリー次のエントリーTOPへ »