風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2020/07 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

タワーレコード渋谷店の「レシキ」。

1st「レキシ」、2nd「レキツ」、3rd「レキミ」に続く、
レキシ 最新アルバム「レシキ」。

今回も、レキシネーム”土器メン”として、
箭内がジャケットのアートディレクションを務めました。

いよいよ、本日6月4日、発売です。


というわけで、
発売前日のタワーレコード渋谷店に
行ってきました。

特設コーナー、もちろんあります。
140604_reshiki01.JPG

今回も、1stアルバムの時から続く恒例の
初回生産分のみ直筆手書きジャケット。
140604_reshiki02.JPG
こうやって並べてあっても、全部違います。
言い出しっぺの箭内(土器メン)は、
今回も、手書き中の池田さんの陣中見舞いに行きました。
(麺づくりとバナナを持って)

客演のみなさんによる手書きや
まったく関係のない言葉が書かれたものなど…
1枚として、同じジャケットがないジャケット。

ちょうど、僕が店頭にいたときも、
別のお客さんが店頭に並ぶジャケットを一枚一枚確かめて、
店員さんに、
「ここにある以外のジャケットも見せてもらえますか?」と聞いていました。
お目当てのものがあるのでしょうか。

そして、POP。
140604_reshiki03.JPG
一曲、一曲、丁寧に。愛と魂がこもったコメントで、
ほんとに毎度、タワーさんの店頭POPには感銘を受けます。

POPの上下には、はにわになった、客演陣の皆さん。
本来、買った人しか見ることができない
ブックレット内のビジュアルがさらりと披露(笑)。

そもそも、この裃(かみしも)のこの写真、
140604_reshiki04.JPG
実は、日本橋の高島屋写真館で撮影したもの。

その時の様子↓
140604_reshiki05.JPG
真剣に、カットを選ぶ、池田さんと土器メン。

今回は、店舗別で特典ステッカーが付いています。
例えば、タワーレコードverはこちら。
140604_reshiki06.png
ご自身で持参なさった はにわを愛でる池田さん。

この、写真も、高島屋写真館で撮影したのですが、
この大変、貴重なはにわを、
慎重に取り扱わないといけない緊張感が現場には張り詰め、
万が一のことがあってはいけない、と、
はにわを撮影していない時は、絶対に安全な場所へ。
ということで、ここに。
140604_reshiki07.JPG
…。


店頭に戻ります。
改めて、客演のみなさん↓
140604_reshiki08.JPG
”マジで豪華すぎる。”  
同感です。

140604_reshiki09.JPG
はい、まさしく。
しかも、クセになる曲が、聴くたびに変わるというか。
好きになる曲がその都度、変化していって、
ほんとに飽きません。

特設サイトにある池田さんによる
セルフライナーノーツも必読です。↓
http://www.laughin.co.jp/ikechan/reshiki/notes/

手書きのジャケットの下は、この写真。
140604_reshiki10.jpg
背景は、福島県いわき市の白水阿弥陀堂です。

3rdアルバム「レキミ」のときは、
会津若松市の鶴ヶ城が背景でしたので、
これで、2作連続、福島の“歴史”が背景に。

ジャケットの反対側はこちら。
140604_reshiki11.jpg


ちなみに、
タワー渋谷店の同じ視聴台のDISC2も、気になりました。
140604_reshiki12.JPG
”古墳”つながり…。



というわけで…
「レシキ」本日発売!

そして、
既に発表されている通り、
次の 月刊 風とロック101号も
レキシ特集です!

murahashi

前のエントリー次のエントリーTOPへ »