風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2017/04 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

「風とロック芋煮会2014風とロックBASEBALL」の思い出 ~1日目~

音楽と野球の融合した、
前代未聞のイベント、
風とロック芋煮会2014
風とロックBASEBALL。

その初日、
2014年9月27日(土)。

タイムテーブルはこちら

どんな1日になるのか。
出場者も、観客も、スタッフさえも、
全く想像ができないまま、
「選手入場」から、その日がスタートしました。
_D8A0340.jpg
_D8A0344.jpg
ミュージシャンのみなさん、
公式ユニホームを、それぞれのスタイルで、着こなして、
内野から外野まで、フィールドをぐるりと一周します。
_D8A0355.jpg
スタンドからの声に応えながら。

_D8A0365.jpg
公式スタジアムマスコットであるベコヒコも、
WHITE ASHの山さんに手をひかれ、入場です。

開会式。
DSC_7933.jpg
郡山総合運動場 開成山野球場のバックスクリーン“大芋煮ヴィジョン”にて、
本日のラインナップが紹介。
公式MCである平井理央さんのアナウンスにより、
各選手が紹介される度に、客席から歓声が沸き起こります。

選手宣誓は、
ミュージシャン選抜の監督である
増子直純さん。


そして始まったLIVE。
トップバッターは、猪苗代湖ズ!
DSC_7997.jpg
DSC_8079.jpg
4人ともこの日の所属チームのユニホームで演奏。

三塁側「ニシンの山椒漬けステージ」でLIVEの石崎ひゅーいさんは、
なんとバックネットからグラウンドを縦断しての登場。
DSC_8093.jpg

アンモナイトステージでは、KIZUNA BAND!
DSC_8211.jpg
KIZUNA BAND are 高橋まこと、宮田和弥、TAKURO、亀田誠治
DSC_8270.jpg


続く、いかにんじんステージには、
TOSHI-LOWさんが登場。
途中、箭内実行委員長が加わって、
「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」でも多くを魅了した
「Mind Games」も演奏されました。

2日間ともに出場する、怒髪天。
1日目は、“一試合完全熱唱編”
バックネットに向かってまさしく完全熱唱。


その後、三塁側では、
2年連続2回目の芋煮会、
柴田淳さんの歌声がスタンドを包みこみます。


西陽がグラウンドに差しかかり始めたころ、
いかにんじんステージでは、
アコースティック編成のTHE BACK HORN。
DSC_8649.jpg


さて、音楽と野球と融合した、風とロック芋煮会ですが、
スタジアムの外には、恒例の”ろっくんろーる横丁”が、今回ももちろん健在。
_D8A0256.jpg
_D8A0514.jpg
_D8A0618_2.jpg
_D8A0705_2.jpg
今回は「風とロック 全国ふるさと大物産展」と題して、
出場アーティストの故郷の名産品が横丁に集合。
“アーティストとの距離が世界で一番近い”
風とロック芋煮会ならでは、
ひとときがたくさん生まれました。


そして、いよいよ、野球です。
この日の対戦カードは、
ミュージシャン選抜 VS 観客選抜。
観客選抜チームは、前日に行なわれた「入団テスト」をくぐり抜けた精鋭たち。

始球式は、でんぱ組.inc のみなさん。
_D8B9238.jpg

福島のチアリーディングチームも、会場をおおいに盛り上げてくれました。
_D8A0849.jpg
グラウンドでのパフォーマンスでは、
チアリーディング姿の「ロンちゃん」もサプライズで登場し、
会場が笑い声で、どよめく場面も。

_D8B9289.jpg
_D8B9328.jpg
好プレー&珍プレー続出。
_D8A1018.jpg
気持ちのいい秋の夕暮れの下で。

野球の前半が終了し、
音楽のLIVEに戻ります。

いかにんじんステージでは、
BRAHMANのRONZIさんが、
チアリーダーの衣装のままで登場。
「好き好きロンちゃん」が、
爆笑と歓声の渦の中、開成山野球場でも
響きわたってしまいました…


さらに、アンモナイトステージでは、
でんぱ組.inc の6人が、
ユニホーム姿のままで、
キレッキレッの、パフォーマンス。
バックネット裏が、
サイリウムで、色とりどりに輝きました。


そして、ナイターの照明が灯り、野球の後半戦。
途中、バッターボックスのTOSHI-LOWさんへの危険な球を発端に、乱闘シーンも。
_D8A1123.jpg
_D8B9363.jpg
_D8B9369.jpg
もみくちゃの後の予想外の展開に場内爆笑。
_D8B9389_2.jpg
_D8B9488_2.jpg
_D8A1325.jpg
結果は…
ミュージシャン選抜 8-9 観客選抜
本気で楽しむ選手の皆さんの姿が、
会場に新鮮な興奮を与えました。

そして、激闘の熱が冷めぬままに、
選手たちがミュージシャンに戻って、
「オールラインナップ with 風とロックバンド」
_D8A1285_2.jpg
みなさんのふるさとの予定を歌い繋いだ、
「予定〜ふるさとに帰ったら〜」。

TOSHI-LOWさんのHarp、
りょうさんの語りで始まり、
この日の出場者の歌声がリレーされていった
この日だけしか聴けない、
「風とロックの主題歌」。

バックネットのステージから発される
エネルギーによって、
開成山野球場が大きな芋煮鍋になって、
大団円を迎えました。


その夜は、郡山市街で、
「歌本ミッドナイト」
「ミッドナイト1000本ノック presented by ひとりぼっち秀吉BAND」
「ラジオ風とロックプレゼンツ フィーリング芋見合」
などのプログラムも実施。
_D8A1537.jpg
_D8A1584.jpg
_D8A1599.jpg
_D8A1791.jpg
_D8A1863.jpg
_D8A1956.jpg

みんな、それぞれが、それぞれの夜を楽しく過ごしながら、
第1日目は更けていったのでした…


写真:石井麻木、ただ


murahashi

前のエントリー次のエントリーTOPへ »