風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2020/07 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

9月2日(水)DVD『パンクシンドローム』発売

%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AFDVD%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg 
 
映画配給会社エスパース・サロウの植田です。
 
いよいよ9月2日(水)に、北欧フィンランドが生んだ
奇跡のパンクバンドのドキュメンタリー『パンク・シンドローム』のDVDが発売されます!
「ん?それが箭内さんと何の関係があるんだ?!」って感じですが、
箭内さんが本作を気に入って下さって、
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルで”箭内道彦セレクション”として上映して下さったのです!
ここぞとばかりに、下記の推薦コメントもいただきました。
 
 
「知的障がい者のドキュメンタリーではない。
人間、バンド、音楽、社会、自由、怒り、欲求。
これは正真正銘のパンク映画だ。」

箭内道彦(クリエイティブディレクター)
 
 
本作の被写体は、フィンランド在住の知的障がい者4人のパンクバンド、
ペルッティ・クリカン・ニミパイヴァト(PKN)。
とにかく服の縫い目が気になるギターのペルッティ、足の爪は自分で切りたいヴォーカルのカリ、
美人議員が大好きなベースのサミ、実家が好きすぎるドラムのトニ。
チャーミングな4人が繰り出す、
プリミティブなパンクサウンドに思わずクギヅケになってしまいます。
 
さらに、その歌詞の強烈さ!
「精神科施設のメシはまるで豚のエサ」
「いつかグループホームを爆破してやる」
「少しばかりの敬意と平等が欲しい」
福祉国家フィンランドでさえ、彼らには不満があるのです。
自由に生きることが、ままならないもどかしさを彼らは訴えます。
  
そして、音楽だけでなく、カメラは彼らの生活にも寄り添います。
母親との悲しい思い出、淡い失恋、はたまた政治活動(?)まで…
映画は決して彼らをピュアな存在としては見ていません。
彼らは悪態もつくし、文句ばっかり言っています。
でも、最後まで見ると、まるで彼らの家族になったように、彼らのこと好きになってしまいます。
現に、フィンランド国内のみならず、海外ツアーに出るほど人気者になった彼ら。
『パンク・シンドローム2』も撮影中だそうです!
  
 
「パンク・シンドローム」DVD
2015年9月2日発売 ※レンタル同時スタート
¥3,800+税
<特典映像>新録インタビュー、予告篇など
発売元:新日本映画社/販売元:ポニーキャニオン
http://punksyndrome.net/
 
 
エスパース・サロウ 植田
 

前のエントリー次のエントリーTOPへ »