風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2018/02 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

ショート・ミュージカル・ムービー「MIRAI 2061」

%E3%88%B0.jpg%E3%88%AA.jpg

%E3%88%AD.jpg%E3%88%AC.jpg%E3%88%AB.jpg



福島県のクリエイティブディレクターを務める箭内が制作した
2061年の福島県を舞台にしたショート・ミュージカル・ムービー「MIRAI 2061」が完成し、
本日より公開されました。

「MIRAI 2061」は、主人公”ひかり”の半生を、
孫娘の”みらい”とともに振り返る様子をミュージカル調で描いたショートムービー。
猪苗代湖や鶴ヶ城など、福島県内を代表するスポットが、未来の姿となり登場し、舞台として描かれています。
主人公”みらい”を演じるのは、女優の清野菜名さん。素敵な歌声も披露してくれています。
福島県出身の西田敏行さんや、俳優の林遣都さんもご出演されています。
楽曲制作にはシンガーソングライターの澤田かおりさん、福島県出身のラッパー狐火さんが参加、
また、福島県内で活動するダンサーの皆さんがバックダンサーとしてご出演されています。


<「MIRAI 2061」ストーリー>
時は2061年。
ひかりが孫娘のみらいと散歩に来たのは、雄大な自然と美しい建造物が調和した、
福島を代表する憩の丘<ジェビレーヒルズ>。
ドローンが3秒でランチを届けてくれる・・・
そんな時代に、ひかりは改めて時の流れを感じ、
あの頃から50年の間に起こった世界の様々な変化に想いを馳せる。
ひかりは腕のブレスレットをこすると、ちょうど若い頃<2011年>の姿になった。
この時代のホログラムARシステムを使うと、どんな姿にもなれるのだ。
そして優しく歌うように昔話をはじめる・・・。


今回、「MIRAI 2061」制作の監督を務めてくださったのは、
映像ディレクターの児玉裕一さん。
舞台となった福島県内の各地に実際に足を運び、福島の歴史に想いを馳せ、
また未来に変わらず紡がれてゆくものを大切に描いてくださいました。



人間には、未来を作る力があります。
そしてその力は、優しく、強く、驚くほど果てしない。
この作品が描く世界は、ファンタジーでもフィクションでもありません。
大切な思いを繋ぐ、健やかな命のリレーが、それぞれの日常を歩む先に存在する、穏やかな「普通」。
泣いて、微笑んで。
この作品を、一人でも多くの方が観てくださいますように。
 
福島県クリエイティブディレクター 箭内道彦

      

「MIRAI 2061」特設サイトでは
本編、メイキング動画、箭内と児玉監督の対談もご覧いただけます。
http://ch.pref.fukushima.lg.jp/mirai2061/


kuratani

前のエントリー次のエントリーTOPへ »