風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2017/04 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

2013.5.6 風とロック広島 ライブレポート

風とロック広島 LIVE福島 CARAVAN日本 ~広島の愛と平和とお好み焼きじゃけんね~
ライブレポート (ライブフォト by 石井麻木)


映画「あの日〜福島は生きている〜」上映後のトークショー。
登場したのは、
箭内実行委員長、松田晋二さん(THE BACK HORN)、渡辺俊美さん、富澤タクさん、
高橋優さん、音速ラインのお二人、平井理央さん、
そして、広島県福山市出身、岡峰光舟さん(THE BACK HORN)、
福島・猪苗代に建設する野外音楽堂にも関わってくださる建築家の谷尻誠さん、
広島市平和公園の橋の上でハンマーダルシマーという楽器を演奏なさっている藤澤由一さん(Houlibe LOU)。
01_DSC_1297.jpg
「広島の人たちにとっての”平和”。今すぐは無理かもしれないけど、
福島にとってそれが何かを聞かれる日がもうすぐ来るような気がする。
大変なことがありました、ということを語り継いでいくとともに、
広島がそこから”平和”というメッセージを掲げたように、福島の人がそれを何に決めるのか。
その答えを見つけたいなぁと思っている人が増えてるんじゃないですかね。」
広島での開催に寄せて、箭内実行委員長。

LIVEは、紙芝居からの始まり。
02_DSC_1350.jpg
浪江町出身の語り部・佐々木ヤス子さんが
東日本大震災後から始まった避難行を綴った原作を基に、
広島の東北まち物語制作委員会が制作なさった紙芝居です。

オープニングトーク。
またしても実行委員長が、福島から来たという来場者の方を
無茶ぶりにより登壇させました。今回の男性は、いわきから来たそうです。
話を聞くうちに富澤タクさんの高校の同級生だと判明。
03_DSC_1370.jpg
「タクちゃんの魅力とは?」という質問に
「変幻自在なところ」と即答。

広島のこの日は、これまでの会場よりも、
一組一組にたっぷりと時間がとられたタイムテーブル。

トップバッターの高橋優さんも 6曲を熱唱。
04_DSC_1385.jpg
前日の晩、市内をジョギングしたという優さん。
原爆ドームは、夜通しライトアップされ、いつでも、
来る人を迎え入れることができるようになっている、と教えてくれました。

音速ライン。
05_DSC_1495.jpg
メッセージを持って帰ってほしいので、
ステージ上を見ないで、目をつむってきいてください。
お客さんの顔が見たいので、客席を明るくしてください、
という藤井さんのリクエストのもと、
「心のままに」

アコースティック演奏に乗った藤井さんの美声が
会場に響き渡ります。

同級生の方から「変幻自在」と評された富澤タクさん。
ステージ上でも、ギタリスト、ヴォーカリスト、
そして、川柳を詠む歌人として、観客を魅了!
06_DSC_1519.jpg

渡辺俊美さんも登場しての「予定~福島に帰ったら~」
07_DSC_1543.jpg
広島に帰ったら あげもみじ 食べる
広島に帰ったら 瀬戸内の島 ながめる
広島に帰ったら むさしの弁当 食べる
広島に帰ったら 平和公園に 行く

会場から集まった「広島に帰ったら」の歌詞も歌い込まれます。

俊美さんのソロステージには、映画トークショーに参加してくださった
Houribe LOU 藤澤由一さんも急きょ参加。ふたりは本日、初対面。
俊美さんは、全国をライブで巡るとき、
いつも旅先で、その地元のミュージシャンとセッションしているそうです。
それが、”つなぐ”ということになるんじゃないかと。
08_DSC_1629.jpg
各地で歌われている「こたえよ」に、この日、
ハンマーダルシマーの音色が加わりました。

続いて、怒髪天!
09_DSC_1677.jpg
「風とロックファミリーで来れてうれしい。
楽屋は、普通のイベントやフェスと違って、だらしないというか、緊張感がないというか。
ほんと一座なんで、ただいまー、ですよ。楽屋来たとたんに。おかえり、みたいな感じで。」
と、このキャラバンの楽屋の雰囲気をMCで紹介する増子さん。
10_DSC_1849.jpg
7月24日(水)に発売された「団地でDAN!RAN!」も披露!

トリはTHE BACK HORN!
雨の野音以来の登場!
11_DSC_2033.jpg

ステージ脇に掲げられているLIVE福島の旗を
なんと菅波栄純さんが…
12_DSC_2309.jpg
歯で!

山田将司さんも。
13_DSC_2335.jpg
2011年9月のLIVE福島のときに福島県内を横断し、
そして、キャラバンで日本全国を巡ってきた旗が、
広島の熱気にたなびきます。

オールラインナップ。
怒髪天としての出番を終えていた増子さんは…赤ら顔で登場。
14_DSC_2361.jpg
15_DSC_2365.jpg
「いや~、広島の水はうまいね」
会場爆笑。

「黄色と赤でタワーレコードになってるよ」と実行委員長からのツッコミ。

高橋優さんは実行委員長が着ようとしていた衣装を借りての登場です。
16_DSC_2370.jpg
全身こいのぼりのスーツ!
前日の子供の日、そして、広島”カープ”にちなんで。

THE BACK HORNのバンド演奏により
歌い繋がれる「Two Shot」。

17_DSC_2395.jpg
この日は、怒髪天、友康さんもボーカルとして。
18_DSC_2412.jpg
タクさんは、客席に降りて。

各会場のラストで演奏されるTwo Shot ですが、
どの会場をとっても、同じになりません。

19_DSC_2443.jpg

原爆の被害からの復興を目指して設立された広島カープがある街、広島。

「LIVE福島が、福島にとっての、広島カープになりてえなぁ」

オールラインナップ前のステージ上のMCにて、
箭内実行委員長が、そうつぶやきました。


※アーティストの方、来場者の方の笑顔が満載のグリコ「みんなの笑顔 フォトレポート」はこちら

※NOTTVでは、「風とロック LIVE福島 CARAVAN日本」9公演の模様を、
アーティストインタビューやドキュメンタリー映像を織り交ぜたダイジェスト版をお届けしています。詳しくはこちら


murahashi

前のエントリー次のエントリーTOPへ »