風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2020/07 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

箭内道彦と写真

「今や、林家ぺーさんか、箭内さんか、っていうくらい撮ってますから。」

2010年のNHK トップランナーのスペシャル番組で、
福山雅治さんに、カメラを向けたときに箭内が言われた言葉です。

そのときの会話。

福山さん「(箭内のカメラを手にして)これ、デジタルじゃないんですね。
(ファインダーをのぞいて)けっこう、絞ってますよね。暗いのに。」

箭内「あ、おれ、わかんないんです」

福山さん「ちょっと待ってくださいよ。(笑)」

箭内「こういうときはどのくらいが…」

福山さん「こういうときは開放でいいんじゃないですかね。2.8(ニッパチ)とか。」

絞りやシャッタースピードなど、
カメラの基礎知識に関して
福山さんに教えを乞う場面が
バッチリと放送されてしまいました。

その時に箭内が撮影した福山さん。
131031_syashin01.jpg
月刊 風とロック 2010年8月号より。

「僕はカメラマンではありません。
露出計なんか持ってないし、写真を勉強したことも技術もない。
でもカメラマンじゃないから、相手が構えない。油断してくれる。」
(書籍「僕たちはこれから何をつくっていくのだろう」より)

そんな箭内が写真を撮影して、
世の中に出した作品をいくつか紹介します。

☆月刊 風とロック
131031_syashin02.jpg
赤字を出しながら発行し続けるこのフリーペーパー。
もともとは撮影料を少しでも抑えるため、
という理由で箭内自ら撮影し始めました。
今や、発行人 兼 編集長 兼 アートディレクター 兼 インタビュアー 兼 カメラマン。

そんな 月刊 風とロック でよく行う、
箭内自ら”ズルい”という撮影方法が、
色んなバンドのメンバー全員に「写ルンです」を渡して、
お互いを撮りあってもらうこと。
ユニコーン、チャットモンチー、weezer、THE BACK HORN…など
これまでいくつものアーティストがこの方法で撮影され
誌面を飾りました。

「そこは僕にも入れない最大油断エリア。
どんなすごいカメラマンにも絶対撮れない表情が写る。」(箭内)
131031_syashin03.jpg
2009年2月号。撮影:ユニコーン 川西幸一さん

そういえば、
「写ルンです」を愛機のひとつとしている箭内は、
「写ルンですを日本一使っている人」として
↓こんなインタビューも受けました。
http://www.shashin-kotoba.com/02/


☆長澤こよみ(2010年2月20日 発売)
131031_syashin04.jpg

箭内が撮影および
クリエイティブディレクションを担当した
長澤まさみさんのカレンダー。

--------------------------------------------------------------
1日は、本当は1年の365分の1ではない。

短い日。長い日。
忘れたい日。忘れられない日。忘れたくない日。
待ち遠しい日。

それぞれの1年の中で、それぞれの1日は、均等じゃない。
時間は生き物だ。

このカレンダーは、時間の概念を、体感時間に変えるカレンダー。
「カレンダー」に縛られない「わたし」
長澤まさみの「自由」「繊細」「大胆」
その魅力の混在。

1ヶ月で1ページの月もあれば、
1週間で1ページの週も。
1日だけで1ページの日もある。
当然だ。人は生きているのだから。
「気まぐれ」が詰まった
ある種ロックでパンクな人間らしい暦。感情のある。

これは1年間かけて長澤まさみと一緒に読んでゆく本。
一緒に感じてゆく毎日。一緒に暮らす時間。
長澤まさみと遊ぶ1年。
笑ったり泣いたり。 
--------------------------------------------------------------
131031_syashin05.jpg


☆風とロックの写真(2010年8月6日発売)
131031_syashin06.JPG
箭内の初めての写真集。

「愛だねぇ。もうひしひしと伝わってきますよ。」

表紙の帯には、篠山紀信さんからいただいた大切な言葉。

日経新聞朝刊の書評でも紹介されました。

131031_syashin07.jpg


☆「ゆ、ゆ、ゆきりん」(2012年4月19日発売)
131031_syashin10.JPG
AKB48 柏木由紀さんの写真集。
撮影とアートディレクションを担当しております。

Amazonとセブンネットショッピング
発売前の予約受付の時点で、
全書籍でランキング1位も獲得。

発売にあわせて、
東京都内42カ所、全パターン違う未公開カットがビルボードに。
街を横断する”巨大写真集”となりました。
131031_yukirin01.jpg
131031_yukirin02.jpg


☆探偵大泉洋写真集「探偵は写真の中にいる。」(2013年4月26日)
131031_syashin09.JPG
撮影・アートディレクション:箭内道彦。

柏木由紀さんの写真集から1年ぶりの撮り下ろし。
ヒット映画「探偵はBARにいる」シリーズで大泉洋さん演じる「探偵」の写真集。
真冬のススキノでのロケも敢行しました。

ロケバスの車内にて。大泉さんとの会話。
「うまく撮れるか、すげえ、自信ないです。」(箭内)
「そんなこというカメラマン、聞いたことないですよ(笑)」(大泉さん)


------------------------------------

「笑い顔は笑って撮る。
カメラを構えてる時、僕はいつもニコニコしてる。
CMの絵コンテを描いている時もそう。
笑顔を描いている時は僕も笑顔。
泣いている顔をしないと泣き顔を描けない。
僕は好きな人しか絶対に撮らない。
その人が油断できる特等席に行くために、そのチケットを手に入れる努力が仕事の9割だと僕は思う。
子供の写真は親が一番かわいく撮れる。彼女の写真は彼氏が一番素敵に撮れる。
そんな当たり前の場所に、広告が忘れがちな大きな素敵がある。」
(書籍「僕たちはこれから何をつくっていくのだろう」より)

131101_yanaiphoto.jpg
2013年10月27日 「BOWLINE」風とロックブース前にて

murahashi

前のエントリー次のエントリーTOPへ »