風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2017/07 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

「風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD」の思い出~ACO ONE GRAND-PRIX~

猪苗代野外音楽堂で、9月17日(土)に開催された
「風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD ACO ONE GRAND-PRIX」。
渡辺俊美さん発案による、プロ・アマ問わず、
アコースティックギター弾き語り一本勝負のトーナメント選手権、2年目の開催です。

郡山市、福島市、白河市、西会津町、楢葉町の
福島県各地で開催された予選会を通過者、総勢15名が本選へ進出しました。
「風とロック芋煮会2016」のステージを目指し、歌を届けます。

審査員は、柴田淳さん、藤井敬之さん(音速ライン)、aveさん、ひとりぼっち秀吉BAND、
渡辺俊美師範、公式MC平井理央さん、箭内道彦実行委員長、そして会場のお客さん方。

曇りではありましたが、
なんとか雨は降らず最後までもってくれた猪苗代の空。
aco2017_1.jpg


A~Cの3ブロックに5名ずつ分かれ、トーナメント戦スタートです。
_D1T3513.jpg

トップバッターAブロックは、
菅野恵さん(白河市)
原田侑子さん(西会津町)
伊藤優大さん(楢葉町)
神崎千世さん(福島市)☆箭内道彦実行委員長枠
鈴木美和子さん(福島市)☆渡辺俊美師範枠
※( )内は予選会場
aco2017_2.jpg

投票は、良いな、と思ったアーティストの前にお客さんに並んでいただく方式、初導入です。
_D1T3393.jpg


投票・集計中に演奏してくれたのは、ひとりぼっち秀吉BANDによる「道しるべ」。
_D1T3413.jpg

そして、結果発表を前にここから2時間は、箭内実行委員長がパーソナリティを務める
「風とロック CARAVAN福島」番外編として、猪苗代野外音楽堂より生中継が始まります。
ここから歌うアーティスト達は福島全土へ。
ラジコプレミアムで聴いている人には全国へ。歌声が届きます。


そんな中、Aブロックを勝ち抜いたのは…
山口県岩国市出身、aveさんが送り込んだ刺客、原田侑子さん!
_D8B0029.jpg


続いて、個性強いアーティストが多かった、Bブロック。
kaju.kaju(西会津町)
北川玉奴(楢葉町)☆箭内道彦実行委員長枠
大竹涼華(西会津町)☆箭内道彦実行委員長枠
るかさん(白河市)☆箭内道彦実行委員長枠
米っち(白河市)
aco2017_3.jpg

投票・集計の間に歌ってくださったは、aveさん「こんなに離れていても」。
来年は「ACO ONE GRAND-PRIX」出場希望のため、芋煮会卒業宣言が飛び出しました。
_D1T3523.jpg


そして、Bブロックを勝ち抜いたのは…
只見町の高校一年生、大竹涼華さん。
予選会でも歌った「あなたへ」を届けてくれました。
_D8B0412.jpg


最後は、Cブロック。
MASATO AWAKE(福島市)
小野一樹(郡山市)
黒澤アキト(郡山市)
ERIKA(福島市)
大島樹音(楢葉町)
aco2017_4.jpg


投票・集計の間に、ここでスペシャルゲスト!
当日午前中に箭内実行委員長が猪苗代でMVを撮影していた、
上白石萌音さんが特別に歌を披露してくださることに。
_D1T3814_syusei.jpg


上白石萌音さんは、大ヒット映画「君の名は。」で
ヒロイン・宮水三葉の声を演じて注目を集めている、歌手であり女優。
この日歌ってくれたのは、映画主題歌であるRADWIMPSの「なんでもないや」のカバー。
箭内より「アコワンなので、弾き語りじゃないと」ということで
「会場で『なんでもないや』が弾ける方はいますか?」の問いかけに客席から手を挙げたのは…
aco2017_5.jpg
スネオヘアーさんのギターに合わせ、猪苗代野外音楽堂に美しく、優しい歌声が響きわたりました。

少しゆったりとした時間の後、Cブロックの結果発表です。
最後のブロックを勝ち抜いたのは…
郡山市出身の黒澤アキトさん!
2015年の予選敗退からの、念願叶っての本選出場でした。
_D1T3696.jpg

決勝戦前には、音速ライン・藤井さんより「生きてくことは」。
_D1T3920.jpg

そして、翌日の白河のステージへの切符をかけての決勝戦。
みなさん、もう一度歌えることの嬉しさを噛み締めながら、
歌声を届けてくれました。


緊張の最終投票・集計の間には、
箭内道彦×藤井敬之プロデュースによる「ふたりのCARAVANズ」が「ふたりのふくしま」、
そして「ACO ONE GRAND-PRIX」発案者である渡辺俊美師範のライブです。
aco2017_6.jpg


そして、会場中の注目は3人に注がれる中、優勝者は…
Bブロックの大竹涼華さんに決定!
最年少15歳でしたが、堂々と、力強い歌声で、聴く方々を魅了しました。
aco2017_7.jpg


最後は、猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」を会場全体で大合唱。
熱いバトルの幕を閉じました。
_D8B0464.jpg


写真:ただ

fukase

前のエントリー次のエントリーTOPへ »