風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2018/06 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

「風とロック芋煮会2017 KAZETOROCK IMONY COSMO」の思い出~1日目~

晴れ晴れとした素晴らしい天気のなか開催された、「風とロック芋煮会2017 KAZETOROCK IMONY COSMO」。
会場は、今年で3年目となる白河市しらさかの森スポーツ公園。

入り口のゲートをくぐると、県南9町村のゆるキャラ達が具のみなさんをお出迎え。
ゆるキャラダンスで、ステージ小峰城オープニングアクトもつとめました!
imonikai2017_1.jpg
 
 
開会宣言は、白河だるま柄の法被をまとった鈴木和夫白河市長と、
福島市出身の片平里菜さん、箭内道彦実行委員長。
_D8B9649_RR.jpg
 
 
さぁ!ライブが始まります!
トップバッターはステージ小峰城から、初出場の四星球。
今年の風とロック芋煮会にぴったりのタイトル「Mr.Cosmo」でスタート。
imonikai2017_2.jpg


ステージ白河だるまには、ひとりぼっち秀吉BANDが登場。
しんみりと聴かせる曲を中心に、最後は盛り上がる「俺たちまだやれる人」で大合唱。
imonikai2017_3-1.jpg
 
 
今年もこのステージに帰ってきてくれました。SILENT SIREN!
白河市出身のすぅさんの「ただいまー!」の掛け声に会場も「おかえりー!」と大声援。
ゆるキャラ達もバックダンサーとして参加しました。
imonikai2017_3.jpg
 
 
石崎ひゅーいさんは、風とロックイチゴ総柄ジャージで登場。
MCでは「野球が怖い…」ともらしていましたが、
ピッチャーとしてもばっちり活躍していました。
D5D_9404_01_B_RR.JPG
 
 
初出場の打首獄門同好会。
客席にうまい棒を配布したり、新生姜をかぶったり、遊び心満点。
でも歌うとかっこいい!ユルさと攻め気が絶妙に入り交じったステージです。
ラストには、大澤会長の「福島の米は世界一!」の声が白河の空に響きました。
imonikai2017_4-1.jpg
 
 
風とロック芋煮会には2013年以来、2回目の出場となる、
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND。
最後には、福島に来たからとぜひやりたいと、「鼎の問」を演奏しました。
DSC_6084_01_B_RR.JPG
 
 
風とロック芋煮会2017年の出場者の中では最も早く出場が発表された、THE COLLECTORS。
2016年には加藤ひさしさんが、シーチキン兄弟として出場してくれましたが、2017年はバンドでやってきてくれました!
おしゃれな衣装でビシっと決め、華やかで、バンド結成30年の存在感を感じるステージです。
DSC_6128_01_B_RR.JPG
 
 
前日に行われたACO-ONE GRAND-PRIXの発案者である渡辺俊美師範と、
その2017年大会優勝者である、まことさん。
俊美師範はTHE ZOOT16のバンドメンバーと。
まことさんは、前日に俊美師範から手渡された、優勝旗ならぬ優勝ギターを響かせます。
imonikai2017_4.jpg
 
 
MONOEYES。
「Two Little Fishes」では、TOSHI-LOWさんもコーラスとして登場。
この歌詞は、細美さんとTOSHI-LOWさんが店中のグラスが割れるほど大暴れした日の翌日に、
これこそがうわべだけじゃない本当の友情なんだと気づき、できたものなのだそう。
そんな友情を再確認するかのように、2人が抱き合い、会場はさらに盛り上がります!
(「月刊 風とロック」108号表紙参照)
imonikai2017_5.jpg
 
 
初出場、ホリエアツシさんは、
ギターの弾き語りで、バンドとはまた違った味わいを感じます。
長崎の曲を福島でも歌いたいと、「No~命の跡に咲いた花~」も聴かせてくれました。
DSC_6673_01_B_RR.JPG
 
 
怒髪天withひめキュン蝦夷乃無頼缶の登場。
怒髪天と愛媛のご当地アイドル・ひめキュンフルーツ缶による異色のコラボ!
メンバーが家族のように仲良しなのだそう。
勇ましい兄貴たちと可愛いひめキュンメンバーの熱いステージでした。
DSC_6835_01_B_RR.JPG
 
 
いわき市出身の富沢タクさん。
2017年はファースト・ソロアルバム「波とギター」リリースしたり、
個展を開いたりと活躍されていました。
亀田誠治さんも参加して、かっこいい大人のステージです。
imonikai2017_6.jpg
 
 
初出場のマキシマム ザ ホルモン!
会場全体がその世界観に引き込まれ、熱く激しく笑顔に溢れていました。
「恋のスペルマ」ではトーキョータナカさんも登場!
imonikai2017_7.jpg
 
 
風とロック芋煮会前には、「IMONY COSMO」のタイトルに合わせて、
1着持ってるコスモな衣装着ていく!と可愛らしくおっしゃっていた柴田淳さん。
今年もステージ白河だるまに、透明感のある優しい歌声が響きました。
DSC_7243_01_B_RR.JPG
 
 
今年もやってきました!シーチキン兄弟。
今年の初日は、加藤ひさし船長、増子直純さん、TOSHI-LOWさん、
渡辺俊美さん、Mummy-Dさん、ナヲさん、ホリエアツシさん、梅村妃奈子さん、
そして打首獄門同好会の大澤会長、りょうさん、亀田誠治さんも加わりました。
「津軽海峡冬景色」を熱唱したナヲさんが、おひねりをもらう一幕も。
imonikai2017_8.jpg
 
 
音速ラインの二人のステージ。
ほのぼのとした魅力を振りまくお二人から奏でられる、
時に激しく時に切ない音速ラインの世界。
15周年となる2018年も、お二人の活動を楽しみにしています。
D5D_0486_01_B_RR.JPG
 
 
白河ろっくんろーる横丁は今年も大盛況。
ソースせんべい、水飴、弓矢、カラーボール、ヨーヨー釣り、
縄跳びやハンカチ落とし、だるまさんが転んだ、芋煮に七味がけ…
ミュージシャンが店主となり、具のみなさんをお迎えします。
怒髪天・増子さんの
「ミュージシャンと観客の距離が、世界で一番近いイベント。いや食い込んでる(笑)」
という言葉のとおり、ここにしかない場所。
imonikai2017_9-1.jpg
imonikai2017_9.jpg
 
 
さらに2017年は、新たに「風とロックCARAVANステージ」が白河ろっくんろーる横丁に登場。
箭内実行委員長とアーティスト達が、福島の各地をめぐる
月1回2時間公開生放送の、ラジオ福島の番組「風とロック CARABAN福島」。
9日は番外編として、このステージからひとりぼっち秀吉BAND、
ふたりのCARAVANズが生放送をお届け。
さらには、山岡トモタケさん、ダルライザーのパフォーマンスも行われ、
具のみなさんも思わず足を止めて楽しんでいました。
imonikai2017_10-2.jpg
 
 
今年はこの方が白河に。初出場となる、さだまさしさん。
音楽で福島を元気にしたいと語り、そのステージパフォーマンスに
みんなが釘付けになりました。
imonikai2017_11.jpg
 
 
1日目のオールラインナップでは、ミュージシャン、具のみなさんも、
全員で「北の国から~遙かなる大地より~」を大合唱。
_D1T9919_B_RR.jpg
 
 
そして夜は、今年で4年目となる芋野球の時間!
ビールボーイズのみなさんも大人気です。
imonikai2017_12.jpg
 
 
昨年まで監督を務めた増子直純さん、渡辺俊美さんが名誉監督に就任。
新監督には、ミュージシャン選抜からTOSHI-LOWさん、
福島選抜から、藤井敬之さんがそれぞれ就任されました。
imonikai2017_13.jpg
 
 
始球式を務めるのは、福島県復興シンボルキャラクターのキビタン。
すぅさん、成瀬瑛美さん、片平里菜さんの協力を得て、
自ら魔球となり、バッターボックスの細美武士選手へ向かっていきます。
ヨギ捕手に全身でキャッチされ、見事にストライク!
imonikai2017_14.jpg
 
 
今年の芋野球は珍プレーばかりではなく、好プレーも沢山見られました。
「4年目にして、選手のみなさんも、だんだんと野球が本格的になってきている」との、
古田コミッショナーからのお言葉どおり、一進一退の攻防が続き、
新監督の采配にも注目が集まります。終盤にはTOSHI-LOW監督がデッドボールを受け、
両軍選手が入り乱れるシーンも…!
imonikai2017_15.jpg
 
 
そして1日目の試合結果は…
ミュージシャン選抜 8-7 福島選抜となりました。
試合後は、選手達の戦いぶりを讃える表彰式へ。
  
 
キリンビール賞は、見事に捕手を務めたマキシマム ザ ホルモンのダイスケはん選手。
グリコ賞は、同じバンドのナヲ選手に。この日は娘さんの1歳の誕生日でもあり、
「お母ちゃんやったよー!」と一言。
imonikai2017_16.jpg
 
 
ダンロップ賞には、四星球のU太選手。プレゼンターである日髙のり子さんに、
はいていたブリーフをプレゼントしようとしましたが、走って逃げられてしまいました。
はごろもフーズ賞は、最年長で俊敏なプレーを見せてくれた高橋まこと選手。
imonikai2017_17.jpg
 
 
そして…MVPには、ランニングホームランを決めた、OAUのMAKOTO選手が選ばれました。
「育ててくれて父と母に、これ全部あげたいと思います」と、親孝行な一面が。
DSC_8150_01_B_RR.JPG
 
 
綺麗な夜空に花火が上がるなか、風とロック芋煮会1日目が終了です。
_D1T0250_B_RR.jpg

前のエントリー次のエントリーTOPへ »