風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2019/04 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

「風とロック芋煮会2018 KAZETOROCK IMONY学園」の思い出 1日目

お天気が心配される中、開催となった「風とロック芋煮会2018 KAZETOROCK IMONY学園」。
4年目となる白河市しらさかの森スポーツ公園です。
テーマはIMONY 学園ということで、制服姿で登校される方もたくさん。
%E5%AE%9F_D1T1292_s.jpg

 
開会式ならぬ、入学式では日本大学東北高等学校合唱部のみなさんの
『イモニー学園校歌』斉唱で始まりました。
箭内実行委員長、音速ラインの藤井さん、平井理央さんも学ラン姿で登場です。
日本大学東北高等学校を卒業した菅波栄純先輩が、
トップバッターTHE BACK HORNの出番前に急遽現れ、会場を盛り上げました。
kaikaishiki.jpg

 
 
ステージ小峰城、トップバッターは、2017年は大トリだったTHE BACK HORN!
2018年はTHE BACK HORNにとって20周年という記念すべき年。
『刃』からラストの『無限の荒野』まで、朝から全力で盛り上げてくださいました。
thebackhorn.jpg

 
 
ステージ白河だるまには渡辺俊美さんと、
「第4回 ACO-ONE GRAND PRIX」の優勝者、空野大さんが登場!
優勝ギター(渡辺俊美さんの私物)を持ってステージに上がった
会津美里町ご出身の空野さん、優しい歌声を響かせます。
渡辺俊美さんの『Stand Up』では、息子の登生さんとの親子共演ステージも。
%E5%AE%9F_D1T1280_s.jpg
 
 
ファンの間で「晴れバンド」と呼ばれているというSILENT SIREN!
ライブスタートから終了まで一滴も降りませんでした。
ボーカル・吉田菫さんが地元白河にいた10代の夏を思って作った曲という
『19 summer note.』も披露されました。
silentsiren.jpg
 
 
7回目の出場となる石崎ひゅーいさんは学ランで登場。とても馴染んでいます!
ライブ途中ではTHE BACK HORNの山田将司さんがゲストで登場し、
『空、星、海の夜』を披露。
風とロック芋煮会ならではのスペシャルセッションとなりました!
%E5%AE%9FD5D_4683_s.jpg

 
 
今年も登場!シーチキン兄弟。
1日目の漁師達はTOSHI-LOW(BRAHMAN)さん、増子直純(怒髪天)さん、
渡辺俊美さん、松田晋二(THE BACK HORN)さん、
梅村妃奈子(SILENT SIREN)さん、大澤敦史(打首獄門同好会)さん、
河本あす香(打首獄門同好会)さん、Junko(打首獄門同好会)さん、亀田誠治さん。
新CMが解禁され、お客さんも一体となって全員で
シーチキン60周年ソング『シーチキンのうた』を大合唱。
当日ゲスト漁師として、高橋まことさん、スコット・マーフィーさんも兄弟としてステージに。
高橋まことさんも「糖質ゼロ!」とシーチキン商品をアピール。
その様子を見ていたTOSHI-LOWさんから「BOØWYの無駄遣い」と
ツッコミが入るなど、漁師達による軽快なトークで会場は大爆笑!
seachikin.jpg
 

 
毎年オリジナルの野球カードを作成したり、
気合たっぷりで風とロック芋煮会に参加してくださるスネオヘアーさん。
イモニー学園の芋ジャージを着て、素敵な歌声を聴かせてくださいました!
%E5%AE%9FD5D_4904_s.jpg
 
 
2年連続出場となる打首獄門同好会!
『デリシャスティック』の演奏前には、具の皆さんにうまい棒を支給。
曲の途中から土砂降りとなる中、全6曲を熱唱。
uchikubi.jpg
 

 
毎年芋野球でウグイス嬢をしてくださっている日髙のり子さん。ステージには初登場です。
「南~!」の声に『タッチ』のカヴァーを歌って応えてくださったり、
『らんま1/2 』の茜ちゃんの声も聞けたりと世代の方にとっては、たまらないステージに。
%E5%AE%9FD5D_5038_s.jpg
 
 
2017年からスタートした「ろっくんろーる横丁ステージ」。
1日目はラジオ福島の「風とロック CARAVAN福島」番外編の公開生放送と
横丁らいぶが行われました。
MCの松田晋二さんとゲストのトークで、ラジオを聴いている方にも
会場の雰囲気が伝わったのではないでしょうか。
yokocholive_01.jpg

 
横丁らいぶはご当地ヒーロー・ダルライザー、ふたりのCARAVANズ、sottoのステージ。
yokocholive_02.jpg
 

 
芋野球でもキレキレのチアダンスを披露してくれたり、
キャッチャーとしても大活躍した岡崎体育さん。
ステージでも大雨に負けない、かっこよくて楽しいパフォーマンスで盛り上げます!
okazaki.jpg
 
 
6回目の出場の柴田淳さん。
『なんかいいことないかな』をはじめ素敵な曲の数々を、美声でしっとり。
%E5%AE%9FD5D_5191_s.jpg
 

 
初出場となるBiSH!
ラストに『星が瞬く夜に』を2回連続で披露して会場は熱気に包まれます。
芋野球でもライブでもパワフルに盛り上げてくださいました!
bish.jpg
 
 
2017年に引き続き、3回目の出場、日食なつこさん。
雨上がりに、強く美しく圧巻の歌声!
2019年は活動10周年。おめでとうございます!
%E5%AE%9FDSC_2269_s.jpg

 

毎回熱いステージを魅せてくれるBRAHMAN。
翌日AIR JAMへの出演があるため、一度は断ったというTOSHI-LOWさん。
しかし、2012年にも同じく風とロック芋煮会の翌日、AIR JAM出演を控えながらも出演した時、
ファンの方から「汚い金ですけど使ってください。俺は音楽に助けられたんで、音楽に返します」と渡された分厚い封筒のことを思い出したという。
「自分も音楽に助けられた一人、やっぱりここで音楽で返せてよかったと今は思っている」と語ってくれました。
細美武士さんがTOSHI-LOWさんに「一緒にいる時は毎回歌って欲しい」と
言われてふっきれたという『PLACEBO』も披露。
brahman.jpg
 

 
続いては、福島県いわき市出身の富澤タクさん。
芋野球では毎年、筋肉Tシャツを着ているため増子直純名誉監督から
「スベってる」と言われてしまっていましたが、
ステージでは、箭内実行委員長と作詞で共作した『誰のために桜は咲く』を
優しい歌声で聞かせてくれました。
%E5%AE%9FD5D_5984_s.jpg
 

 
「やっちまおうぜ福島ーーー!」と叫んでスタートしたMONOEYES!
MCでは「あんた方、俺たち東京でいた連中よりも分かるんじゃないのかな。
困ってるやつらの気持ちが。だから声かけてやってくれよ。
雨だって絶対上がって、こうやって晴れ間が出てくるんだからって」と語ってくれた細美さん。
カッコよさと優しさを持ち合わせる最高の男4人の熱いステージでした。
monoeyes.jpg
 
 
白河だるまステージの1日目ラストは、音速ライン。
なんと朝7時から飲んでいたという藤井さん。飲む方が声が出るのだとか。
MCではお二人のゆる〜い空気に包まれますが、
曲が始まるとやさしいメロディーが心に響きます。
%E5%AE%9FD5D_6628_s.jpg
 
 
風とロック芋煮会といえば怒髪天。
1日目の大トリを飾ってくれました。
ステージが始まるとまた雨が強まってくるというロックな展開に!
雨にも負けない熱いステージで、会場はヒートアップしました。
dohatsuten.jpg

 

 
「ミュージシャンと観客の距離が世界で一番近いイベント」と言われる由縁、
白河ろっくんろーる横丁は今年も大盛況でした。
ヨーヨー釣り、カラーボール投げ、弓矢、ゆべし屋さん、ソースせんべい、長縄跳び、
白河ラーメン、芋煮に七味がけ、似顔絵人生相談、だるまさんがころんだ…
ここでもたくさんの笑顔に出会えました!
yokocho.jpg
 
 
そしてあっという間のオールラインナップ。
芋野球のユニホームを着て大集合したアーティストのみなさんと、
会場みんなで斉藤由貴さんの『卒業』を合唱。
斉藤由貴さんのファンだというスネオヘアーさんがマイクの前に立たされますが
あまりリードできず、みんなからツッコまれる一幕も。
all.jpg
 

 
そして夜は定番となりました5年目の芋野球!
雨が強くなる中、開会式までの時間も楽しませてくれる白河ビールボーイズのみなさん。
%E5%AE%9F_D1T2202_s.jpg
 
 
亀田誠治さんは、今年もブラバン隊を指揮してくださいました。
打席に立つミュージシャンに合わせて、
たくさんのレパートリーで芋野球を盛り上げてくれるブラバン隊のみなさん、
ありがとうございます!
%E5%AE%9F_D1T2447_s.jpg
 
 
開会式では、雨によるルール変更のお知らせが。
2年前と同じく「ホームラン競争試合」となった今試合。
バッターだけが打席に立ち、内野を越えたらホームランという特別ルールです。
福島選抜の松田晋二新監督、ミュージシャン選抜の岡峰光舟新監督による
THE BACK HORNコンビの監督宣誓も行われました。
U18日本代表の解説実況のお仕事のため、残念ながら会場に来ることができなかった
古田敦也コミッショナーからは、生電話でメッセージをいただきました!
%E5%AE%9F_D8B5873_s.jpg

 
実況席は、増子直純名誉監督、箭内道彦実行委員長、産休明けの平井理央さん、
そして福島中央テレビアナウンサー兼自称イモニー学園放送部ヒラ部員の徳光雅英さん。
選手のフォローや、鋭いツッコミで会場を盛り上げます。
kaisetsu.jpg
 
 
開会式の途中では、翌日AIR JAMに出演する
「BRAHMAN AIR JAM壮行会」が行われました。
TOSHI-LOWさんの熱いスピーチの後、全選手によるアーチをくぐってお見送り。
…と思いきやロンちゃんが登場!『好き好きロンちゃん』で
今年もスタジアムは大いに盛り上がりました!
sokokai.jpg
 
 
始球式は、初登場のBiSHがボールと化したキビタンを山田将司選手に向かって投球!
sikyusiki.jpg
 
 
激しい雨の中、全選手全力で取り組み、打った後は、ルールを忘れ、塁に向かって走ってしまう選手も。
増子直純名誉監督も思わず「今年は野球らしい」とつぶやいていました。
おなじみの乱闘が巻き起こったり、女子選手たちが次々ホームランを放ち、大活躍したり!
2年連続でバッテリーを組んだ山田将司投手と岡崎体育捕手が
信頼関係築いたプレーや、MONOEYES・戸高賢史選手の初の投手登板など、
ドラマチックな見どころたっぷりの芋野球となりました。
yakyu.jpg
 
 
一時は4点差とされた福島選抜チームでしたが、怒涛の攻撃で同点に追いつき、
最後はひとりぼっち秀吉選手の劇的サヨナラホームランで試合終了。
7対6で福島選抜が歴史的な悲願の初勝利をおさめました‼︎
gameset.jpg
 
 
試合後は、全選手を讃える表彰式。
グリコ賞は、見事な投球を魅せてくれたMONOEYES・戸高賢史選手!
%E5%AE%9F_D8B6633_s.jpg
 
 
ダンロップ賞は、ホームランを放ったSILENT SIRENの山内あいな選手!
「毎年出れるだけでもすごく幸せなのに嬉しいです!」と喜びの一言をいただきました。
%E5%AE%9F_D8B6650_s.jpg
 
はごろもフーズ賞は、素晴らしい采配をみせた、ミュージシャン選抜の岡峰光舟監督!
「池田社長に忖度してよかった!」と、
捕手として活躍したはごろもフーズの社長に感謝の一言。
%E5%AE%9F_D8B6661_s.jpg
 
 
そして1日目のMVPは、一回の表に痛烈なホームランを放ち、
大量得点の流れをつくった、BiSHのセントチヒロ・チッチ選手!
初登場でのMVP受賞に驚きつつも「楽しかったー!」っと喜びの一幕。
2017年より一桁増えた「一千億縁」パネルも贈られました。
%E5%AE%9FDSC_4111_s.jpg
 
 
箭内実行委員長も「今から続きをやりたい」というように、
試合終了とともにきれいに雨が上がった夜空。
そこに花火が打ちあがり、風とロック芋煮会1日目が終了です。
last.jpg

 
試合中、前が見えないほどの激しい雨に見舞われる場面もありましたが、
全力で試合に挑んでくださったアーティストのみなさん、
応援していただいた観客席のみなさん、
本当におつかれさまでした。
 
撮影:石井麻木、ただ

前のエントリー次のエントリーTOPへ »