風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2021/03 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

前のエントリー次のエントリーTOPへ »

「風とロック芋煮会2019 イモニー村祭り」の思い出 初日

暑いほどの秋晴れの中始まった「風とロック芋煮会2019 イモニー村祭り」。 
5年目となる白河市しらさかの森スポーツ公園です。 
テーマは「村祭り」ということで、会場も提灯の飾り付けや、 
ベコヒコ面、法被などお祭り感のあるグッズで盛り上がります。 

01_1.jpg


開祭宣言の前から、ステージ白河だるまではひとりぼっち秀吉BANDのみなさんが
オープニングアクトで盛り上げます。
01_2.jpg


ステージ小峰城では、イモニー村音頭にあわせ、
箭内道彦実行委員長と松田晋二実行副委員長が鹿嶋神社氏子壮者会のメンバーと
白河提灯まつりで使われる昭和町の神輿を担いで登場。
賑やかな開祭宣言となりました。 
01_3.jpg


続いては、なんとCM撮影も兼ねたシーチキン兄弟のステージ!
具役のエキストラとしてCMに参加できるということで、
ステージ前の具のみなさんも気合十分!
風とロック芋煮会ではおなじみとなった漁師たちとともにサプライズで宮﨑あおいさんも登場!
フェスに出場するのは初めてという宮﨑さん。
会場は興奮に包まれ、「シーチキンのうた」を大合唱。 
01_4.jpg


ステージ白河だるまには昨年に続き、学帽を被ったスネオヘアーさん。
今年も手作りの野球カードを8種類も作成してきてくださったというスネオヘアーさん。
風とロック芋煮会への愛があふれています。 
01_5.jpg


2年ぶりとなる猪苗代湖ズ。
箭内実行委員長が「村祭りの原点に帰る曲」と話す「風とロック芋煮会音頭」や
「I love you & I need you ふくしま」を披露。
会場はあたたかい空気に包まれました。 
01_6.jpg


こちらも2年ぶりとなるOAU。
MCではTOSHI-LOWさんが「(ステージ小峰城の)猪苗代湖ズとステージ変われ!」と
などとツッコんでいましたが、大ヒットドラマ「きのう何食べた?」主題歌「帰り道」などを
熱唱し、たくさんの具のみなさんが殺到していました。 
01_7.jpg


風とロック芋煮会には初登場ですが、東日本大震災以降毎年3月11日に
福島に来て音楽を届けてくれているというORANGE RANGE!
「Ryukyu Wind」「ロコローション」「上海ハニー」など新旧交えた
ヒット曲満載のセットリストでステージを盛り上げます。
青空のステージがとても似合っていました。 
01_8.jpg


ろっくんろーる横丁ステージでは
スペシャルパーソナリティに松田晋二実行副委員長と風とロック芋煮会
公式MC平井理央さんをむかえ「風とロック CARAVAN福島」の公開生放送がスタート。
会場の様子を伝えます。 
01_9.jpg


横丁らいゔには片平里菜さん、音速ラインさん、sottoさん、ダルライザーさんが登場。
青空のもと、たくさんの人が集まっていました。 
01_10.jpg


2019年はソロ活動20周年の年だったLOW IQ 01さんのステージは、
TOSHI-LOWさんが飛び入り参加!
「かっこいいアーティストはセトリなんか決めないんだ」と
BRAHMANの曲を披露するなど、イチさんらしい自由なステージで
具の皆さんを楽しませてくれました。 
01_11.jpg


3年連続出場の打首獄門同好会。
うまい棒が撒かれることでおなじみの「デリシャスティック」でスタートし、
マグロのバルーンが登場する「島国DNA」など計8曲を披露。
大人も子どもも大盛り上がりのステージはさすがです! 
01_12.jpg


村祭りらしい甚平姿で登場したホリエアツシさん。
MCでは「福島びいきのホリエです。」と嬉しい一言。
美しい歌声で会場の具のみなさんを魅了しました。 
01_13.jpg


昨年は初出場ながら雨の中野球でも大活躍した、芋煮会2回目のBiSH。
生バンド編成で「NON TiE-UP」「BiSH-星が瞬く夜に-」など6曲を披露。
熱いステージになりました。 
01_14.jpg


浴衣姿で登場した柴田淳さん。
芋野球閉会式では、風とロック芋煮会は「いつも1人で歌っているけど、ここでは1人じゃなくなる。
家族感がある」と表現してくださいました。 
01_15.jpg


2年ぶりのサンボマスターのステージでは
山口さんの熱いMCに、涙を見せる具のみなさんも…。
「できっこないを やらなくちゃ」「輝きだして走ってく」などを披露し
会場がひとつになって盛り上がりました。 
01_16.jpg


昨年はユニホームを忘れてきてしまい、知事から借りて芋野球に出場したあばれる君さん。
今年は自身の芋野球福島選抜のユニホームでステージに登場。
桑田真澄さんのモノマネや、トークで会場は笑いにつつまれました。 
01_17.jpg


毎年熱いステージをみせてくれるMONOEYES。
「グラニート」では具のみなさんたちが自然と肩を組んでサークルができあがっていました。
曲の途中で細美さんが「めっちゃ空きれいだよ」とすこしずつ陽が落ちていく
美しい空を指差したのが印象的でした。 
01_18.jpg


NakamuraEmiさんは新曲「ばけもの」などを披露。
小さな体からでる力強い歌声に会場全体が魅了されました。 
01_19.jpg


ステージ小峰城でのトリをつとめた四星球。
福島市出身の伝説のドラマー、高橋まことさんを神輿に担いでステージに登場し、
会場は驚きと笑いにつつまれて始まったステージはトークでも曲で大盛り上がり!
朝のシーチキン食堂CMでは具役で出演、芋野球でも全員大活躍と大忙しでした。 
01_20.jpg 


「ミュージシャンと観客の距離が世界で一番近いイベント」と言われる風とロック芋煮会。
その中でも最も距離が近づく白河ろっくんろーる横丁。
ヨーヨー釣り、カラーボール投げ、弓矢、ゆべし屋さん、ソースせんべい、長縄跳び、
白河ラーメン、芋煮に七味がけ、似顔絵人生相談、だるまさんがころんだ…
などさまざまな縁日にたくさんのアーティストが参加し、ふれあいを楽しんでいました。 
01_21.jpg 


初日のオールラインナップ。
本日ステージを盛り上げてくれた、アーティストのみなさんが大集合!
全員で風とロック盆踊りを披露し会場が一体となりました。 
01_22.jpg 


オールラインナップ後の富澤タクさんのステージでは、
亀田誠治さん、高橋まことさんもステージに登場し、風とロック芋煮会ならではの
特別なセッションを披露しました。 
01_23.jpg 


そして夜は今年で一区切りの発表があった6年目の芋野球!
開会式までの時間は白河ビールボーイズのみなさんが大活躍! 
01_24.jpg 


たくさんの曲で、打席のアーティストを応援するブラスバンド隊のみなさん。
今年もありがとうございます! 
01_25.jpg


実況席は、増子直純名誉監督、箭内道彦実行委員長、公式MC平井理央さん、
そして福島中央テレビアナウンサーの徳光雅英さん。
細やかな取材に基づく選手の情報や、鋭いツッコミで会場を沸かせます。 
01_26.jpg 


初日のウグイス嬢の日髙のり子さんが始球式に登場。
キビタンが応援する中、見事な投球でスタートしました!
南ちゃんの「伝説の夏から30年、マネージャーも蘇りました!」の声に会場は大盛り上がり。 
01_27.jpg  


去年とはうって変わって絶好の野球日和となった初日。
野球経験のある初登場のORANGE RANGEのメンバーや、
年々野球が上達していく女子メンバーの活躍で
増子さんもなんども「This is Baseball」と絶賛するほど
野球らしい野球が繰り広げられました。
初回、3点を先取したミュージシャン選抜でしたが、
その裏すぐに福島選抜が同点に追いつくなど、手に汗握る展開に。 
01_28.jpg 


試合はミュージシャン選抜が再度逆転し、13対6で勝利しました。 
01_29.jpg 


試合後は、全選手を讃える表彰式。
グリコ賞は、ランニング満塁ホームランを放ったORANGE RANGE RYO選手。
「あれがなくても勝てたな」と謙遜しながらもパネルを受け取ります。 
01_30.jpg 


ダンロップ賞は、ミュージシャン選抜を全員活躍させるために奮闘した
四星球 U太監督。
「みなさん楽しんでいただけましたか?僕はもう疲れました」という
実感のこもったコメントに観客席からはあたたかい拍手がおくられます。 
01_31.jpg 


はごろもフーズ賞は、おそらく芋野球史上初となったきれいなダブルプレーを決めた
ORANGE RANGE YOH選手。
「初出場だけどライブも野球も楽しみました。また福島に戻ってきたい」と
喜びを語ってくれました。 
01_32.jpg 


そして1日目のMVPは、宙返りでホームインを決めた
MONOEYES スコット・マーフィー選手。
昨年より一桁と消費税分が増えた「一兆八百億円」パネルをはじめ
持ちきれないほどの賞品を受け取ったスコット選手。
「今までで一番野球っぽかった」と今日の感想を語りました。 
01_33.jpg 


ウグイス嬢を務めた日髙のり子さんから「さみしいけれど、とてもいい試合がみれて
大満足です!」との感想に続き箭内実行委員長からの閉会宣言で
1日目の芋野球終了です。 
01_34.jpg 


全力で試合に挑んでくださったアーティストのみなさん、
応援していただいた観客席のみなさん、
本当におつかれさまでした。 
01_35.jpg 

撮影:石井麻木、ただ


 

前のエントリー次のエントリーTOPへ »