風とロックブログ 風とロック スタッフによるブログ

カレンダー
<< 2009/12 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
RSS  RSS
携帯で見る
QR
週刊風とロック
NO KAZE, NO ROCK. 風とロック 箭内道彦のムービーブログ
RADIO KAZETOROCK
RADIO KAZETOROCK
風とロック
風とロック Official Site

「ロックの学園」2010開催決定!

091208_rocknogakuen_logo.jpg

風グループ高橋です。
あの感動がまたまた、やってきます。

忌野清志郎校長、箭内道彦教頭の「ロックの学園」、2010年の開催決定です!

2007年11月「ロックの学園2007」には6,500人、そして
2009年3月「ロックの学園2009」では、なんと16,500人もの
学園生にご集結いただき、ロックな生徒の増殖を肌で感じずにはいられません。

また新たな出会い、奇跡がきっと起きるはず。


『ロックの学園2010』
会期:2010年 3月20日(土)~22日(祝・月) 10:00~18:00
会場:三崎ロック学園
(旧神奈川県立三崎高校・京急品川駅より快特で65分、三崎口駅下車)
入場料:無料 ※「体育館ライブ」のみ有料
主催:ロックの学園製作委員会(NHKエンタープライズ、NTTぷらら、ジャパンエフエムネットワーク)、三浦市


■プログラム
1. 体育館ライブ【有料】
 体育館で繰り広げられる、多彩なアーティストによる白熱のライブステージ!
 2010年1月、各プレイガイドにてチケット発売開始予定!
  ・ チケットぴあ  0570-02-9999
  ・ ローソンチケット 0570-084-003
  ・ イープラス

2. ロックの授業 【無料】
 ミュージシャンやクリエイターを講師に招き、「ロック」をテーマに個性的な授業を開講!

3. 忌野清志郎の校長室 【無料】
 忌野清志郎校長(出張中)の校長室を公開!


その他、校舎内ではインディーズアーティストやアマチュアバンドによる
ライブステージ、楽器体験ワークショップなど、ロックテイストにあふれる教室
に加え、数多くの企業・団体による出展が予定されています。

※「体育館ライブ」「ロックの授業」の出演アーティストについては、
近日中に発表予定!


一般お問い合わせ ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00~22:00・年中無休)
詳しくは、「ロックの学園」公式HP


takahashi

『トップランナーセレクション』放送決定です!

TR_koike.jpg

091211_TR_002.jpg

091211_TR_003.jpg


ロックンロール食堂 永濱です。


視聴者のリクエストの多かった、小池徹平さん、次長課長、庄司紗矢香さんをゲストにお迎えした回を
今週のトップランナーの放送後に『トップランナーセレクション』として放送いたします!


そして、今週のトップランナーのゲストは、イラストレーターの中村佑介さん。
箭内が中村さんの母校である大阪芸術大学へ取材に行った様子もご覧いただけます。
こちらもお見逃しなく!


 『ミッドナイトチャンネル』 総合テレビ 枠内(12月11日の深夜です。)
・12月12日 午前1:50~2:35  俳優・ミュージシャン 小池徹平
・12月12日 午前2:35~3.19  お笑い芸人 次長課長
・12月12日 午前3:19~4:04  バイオリニスト 庄司紗矢香


nagahama

原宿駅

vantan01.jpg

vantan02.jpg

パルコ超限定コラボ缶

091207_parcokan1.jpg


ロックンロール食堂村橋です。


『PARCO 40th ALL-STARS 史上最大のCANペーン』
12/19(土)〜25(金)パルコ全店にて。


40組のアーティスト/ブランド/キャラクターとパルコとの
「超限定コラボ缶」が披露されるこのイベント。
箭内も缶のデザインをさせていただきました。


期間中、パルコで4000円以上(税込み・合算不可)買い物をすると、
コラボ缶が1本もらえる!とのこと。
その他、「PARCO×PORTERオリジナルグッズ」「コラボ缶のコンプリートボックス」
「コラボ缶の待受画像」などいろんなプレゼントがあるみたいです。
詳しくはこちらをぜひチェックしてみてください。


コラボ缶の全ラインナップはこちら。


091207_parcokan2.jpg


ドクロマークと「風とロック」ロゴが銀色に映えているあの缶がもちろん箭内のデザイン缶。
このメタル感というかドラム缶感。飲料というより燃料が入ってそうな。
はたして中身は・・・
後日発表します!


(※関係ないですけど「缶」は英語でも「CAN」。なんかスゴイですね!)


murahashi

第59回 トップランナーO.A. 山尾洋史・恭子

091207_tr1.jpg091207_tr2.jpg091207_tr3.jpg
091207_tr4.jpg091207_tr5.jpg091207_tr6.jpg

風グループ高橋です。
今回のゲストは、タンゴダンサー 山尾洋史さん、恭子さんご夫妻。

今年8月の「アルゼンチン・タンゴ世界選手権大会」のサロン部門で、
外国人で初の世界チャンピオンに輝いたお二人。

この「サロンダンス」は、
社交ダンスのように決まった型がなく、“即興”で踊ります。
ペアで息を合わせ、音楽を聴いたときの瞬発力、判断力、
そして芸術性、創造性を必要とするもの。

タンゴを始められて、洋史さんは9年、恭子さんは8年。
そして、お二人がペアを組んで7年。
チャンピオンを勝ち獲るまで、必死の努力と決断がありました。


洋史さん恭子さんは、それぞれ知人からパーティに誘われたことを機に、
タンゴに出会います。
その直後から通ったダンススクールで、二人は巡り会うことに。
当時、洋史さんは30歳、恭子さんは27歳。
ご結婚後、2006年に、10年勤めた会社を辞め、アルゼンチンにダンス留学へ。
多くのスクールに通い、ダンスを模索しながらも、
タンゴ界の重鎮、そして恩師でもある カルロス・ペレス氏との出会いを経て、
基本を徹底して習得したといいます。
なかでも特に、アルゼンチンタンゴで最も伝統的な「歩くこと」を
極められたお二人。
「ベーシックこそがテクニック」。恭子さんの言葉には重みがあります。


それにしても、タンゴを踊る洋史さんの頬と、恭子さんの鼻のラインは
本当にぴったり!
箭内が例えた“まるで鍵穴と鍵のよう”というのは、
お二人のダンス、呼吸、生き方すべてにも当てはまるのかもしれません。

“トップウォーカー”と箭内が感じたように、
お二人が歩む先の世界をもっと見てみたい、そしてタンゴに魅せられたい、
と願いながら、
手をとって歩くお二人の後ろ姿を見送りました。


再放送は、12月9日(水)午前3:00~ BS2にて。
オンデマンドでも期間限定配信中!


takahashi